Archives

2021年01月

薬膳料理家ちづかみゆきさん。
「御縁のある人」というのは、こういう繋がりをいうのだろう。

前職場、最初の地上研修で御一緒したのが彼女の御主人で、
その後チェックアウトしたグループで御一緒したのが彼女だった。

退職後に体調を崩したことをキッカケに、薬膳について学び、
国際中医薬膳師資格を取得されたという、まさに努力の人。
身体の中から健康になるレシピを、日夜、研究開発されている。

現在ボストン御在住のため、手に入る食材に限りがある私たちにも、
代替えのきく米国の食材なども教えてくださるのがありがたい。

今月出版された「巣ごもりごはん便利帳」。
ロックダウンとステイホームの体験からなるたくさんのアイディアは、
茶色だらけの食卓に、新しいエッセンスを加えてくれるに違いない。

IMG_0170


Miyuki Chizuka, a yakuzen cook, and I were very connected for a long time.

Her husband was the one I met during my first ground training at my previous workplace.
After that, she was with the group that I checked out as a cabin crew.

After she retired, she got sick and decided to learn about medicinal herbs.
She is a hard work person and is constantly researching and developing recipes that will make you healthy from the inside out.

As she currently lives in Boston, she knows that we have limited to get ingredients.
I am grateful that she gives an idea of some ingredients from the U.S. that can be substituted.

Her new book has been published.
There are many ideas based on her experiences of lockdown and stay-home.
I'm sure it will add a new essence to our brown dishes.
Next

IMG_0182

IMG_0190


2021年1月20日。
民主党ジョー・バイデン氏が、第46代米国大統領に就任。
カマラ・ハリス女史は、アフリカ系アジア系女性として初の副大統領に。

引き継ぎを行うべきトランプ前大統領が欠席という前代未聞の事態、
米国同時多発テロ事件以来の規模で警備が強化されたワシントンDC周辺は要塞と化し、
「この日、何も起こらないように」と全米が固唾を呑んで見守った。

この日、注目されたのは、女性たちのファッション。
カマラ・ハリス女史、ミッシェル・オバマ女史、ヒラリー・クリントン女史。
それぞれが、それぞれの肌の色と雰囲気に合った「紫色」を着こなしていた。

これまでのように、米国の象徴「赤と青」で分断するのでなく、
それをミックスした「紫」で融合していこうというメッセージ。

コロナ対策、そして経済復興、目の前に立ちはだかる様々な問題。
まず米国民が団結しなければ、世界は変わっていかない。

歴史的な1日がようやく終わろうとしている。

IMG_0186

IMG_0183


January 20, 2021.
Democrat Joe Biden has been inaugurated as the 46th President of the United States.
Ms. Kamala Harris has become the first African-Asian woman to become Vice President.

Former President Trump, who was to take over, was absent, an unprecedented situation.
The area around Washington, D.C., was turned into a fortress, with security tightened on a scale not seen since the United States' attacks.
All people of the entire country watched, hoping that nothing would happen on this day.

Women's fashions were the focus of attention that day.
Ms. Kamala Harris, Ms. Michelle Obama, and Ms. Hillary Clinton.
Each wore a "purple" color that matched their skin tone and atmosphere.

Rather than dividing us with the red and blue symbols of the U.S., as has been the case in the past, the message was to fuse them by using purple, which is a mixed color of red and blue.

COVID-19, economic recovery, and many other issues stand before us.
If the American people do not unite first, the world will not change.

A historic day is finally coming to an end.

975FE63E-65EC-43A3-91DB-43DFC06EDAEB

Next

スクリーンショット 2021-01-19 0.07.28

スクリーンショット 2021-01-19 0.07.59


こころMojiアーティストの浦上秀樹氏。
21歳の時に筋肉が徐々に減少していく進行性の病気、遠位型ミオパチーを発症。

口に筆をくわえて文字を綴る「こころMoji」制作を始めて10年が経った現在も、
積極的にアーティスト活動を続けている。

いつかニューヨークで彼のパフォーマンス企画をしてみたい。
そんな思いを持ち続けて、もう5年以上が経過してしまった。

コロナ禍で不便を強いられることが多いけれど、オンライン配信であれば
彼のパフォーマンスを世界中の人に届けられる。

「福〜ふつうのこと〜」
普通のことが当たり前のようにできることが、何よりも幸福であること。

彼のメッセージはいつも、心にぐっと沁み入る。
当たり前のことに感謝する気持ち、今日もわが身をふり返る。

スクリーンショット 2021-01-19 0.16.25

スクリーンショット 2021-01-19 0.22.04

スクリーンショット 2021-01-19 0.27.57

スクリーンショット 2021-01-19 0.30.27


Hideki Urakami is a Kokoro Moji artist.
At the age of 21, he developed distal myopathy, a progressive disease that causes gradual muscle loss.

It has been 10 years since he started creating "Kokoro Moji," which he uses to spell words using a brush with his mouth.
He continues to be active as an artist.

I would like to plan his performance in New York someday.
It has been more than five years since I had such a desire.
Although the COVID-19 pandemic often inconveniences us,
with online streaming, we can deliver his performance to people all over the world.

"FUKU - Blessings - Ordinary Things"
Being able to do normal things as a matter, of course, is the happiest thing of all.

His message always touches my heart deeply.
I am grateful for the things I take for granted, and today I am reflecting on myself.

スクリーンショット 2021-01-19 0.32.38

スクリーンショット 2021-01-19 0.05.39

スクリーンショット 2021-01-19 0.04.08
Next

IMG_0054


ニューヨーク、マンハッタンには碁盤の目状に大通りが走っている。

東西に走るストリートの延長線上に、美しく夕日が沈む瞬間。
それは年に2回だけの奇跡「マンハッタンヘンジ」と呼ばれている。

同じように年に2回だけ、マンハッタンに日の出の奇跡が起きる日がある。
寒い冬の朝、東側の地平線から太陽が昇り、ストリートにぽっかり顔を出す。

大自然と都市が、美しく調和する神秘的、幻想的な光景。
昇る太陽を眺めていると、人間は自然に敵わないと痛感する。

不安定な世界の中でも、朝がやってくること。
明けない夜はないはずだと、希望を持ちたい。

IMG_0057


Manhattan, New York, has a grid of boulevards.

The moment when the sun sets beautifully on the extension of the streets running east to west.
It is called "Manhattanhenge," a miracle that occurs only twice a year.

Similarly, there is a sunrise miracle that occurs only twice a year in Manhattan.
On cold winter mornings, the sun rises over the eastern horizon and appears over the streets.

It is a mystical and magical scene where nature and the city are in beautiful harmony.
As I watch the sunrise, I realize that humans are no match for nature.

Even in an unstable world, the morning comes.
I want to have hope that there will never be a night without dawn.

IMG_0058
Next

米国での食生活。できる限りオーガニックにこだわっているけれど、
育ち盛りの子ども達がいる我が家では、どうしても肉食が中心になる。

地元の食材屋で手に入る魚類は、あまり新鮮でないのに割高で、
切り身をマリネして、焼くか揚げることぐらいしか思いつかない。

米国の魚が新鮮でないのは、釣った魚を締めるスキルとタイミングの違いで、
こちらの寿司屋の多くが、日本の市場直送のものを仕入れる理由でもある。

多少のコストをかけても、美味しい魚が食べたい!
一年のうちに何度か、そんな発作に襲われることがある。

そして今回の発作が頂点に達した時、
飲食業を営む友人が、魚の卸業者から仕入れると声をかけてくれた。
さらに寿司シェフの友人を呼んで、その場で寿司まで握ってくれるというのだ。

二つ返事でジョインすると答えて、保冷バッグを抱えて地下鉄に乗った。
マスクをしない何か叫んでいるホームレスがいて、心が沈んだけれど。

久しぶりに、我が家で新鮮な魚を食す。
こういう機会があると、もうしばらくここで踏ん張れるのかなと思う。

写真 2020-12-26 14 18 21

写真 2020-12-26 23 00 13

写真 2020-12-26 23 00 59


Eating habits in the US. We try to eat organic as much as possible, but
However, with raising children in our home, we tend to eat mostly meat.

The fish available at the local grocery store is not very fresh and expensive.
The only thing I can think of is to marinate the fillets and bake or fry them.

Fish in the U.S. is not as fresh because of the difference in skill and timing in killing the fish after catching it.
This is also the reason why many sushi restaurants here buy fish directly from the Japanese market.

I want to eat good fish, even if it costs me a little!
There are some times a year when I have these feelings.

And this time, when my seizure reached its peak.
A friend of mine, who runs a cafe-restaurant business, offered to purchase the fish from a fish wholesaler.
She even invited a sushi chef to join and make sushi on the spot.

I was glad and got on the subway.
My heart sank when I saw a homeless man without a mask shouting something, though.

It's been a while since I ate fresh fish at home.
Opportunities like this make me wonder if I can hold to live on here for a while longer.

写真 2020-12-26 19 30 01

写真 2020-12-27 16 07 36


Next

誰かに贈るためのギフトを探している時、幸せな気持ちになる。
受け取ってもらった時の反応が楽しみで、ワクワクする。

ギフトを受け取った時は、その気持ちを感じて、幸せになる。
それを探すために、時間とアイディアを費やしてくれたことが、何より嬉しい。

「ビチェリン」と「ハローキティ」のコラボクッキーは、
「こちら秘書室」の元室長からの贈り物。

人気冊子「接待の手土産」で見ていた銘菓が、海を越えてやってきた。
ヨーロッパ生まれのものが、日本を通過して、さらに美味しくなる。

一口でいただくと、彼女の優しい気遣いが、心に沁みた。

写真 2020-12-24 17 55 35


When I am looking for a gift to give to someone, I feel happy.
I get excited because I look forward to his/her reaction when they receive the gift.

When I receive the gift, I feel your feeling, and I am happy.
I'm more than happy that you spent the time and ideas to finding it.

"Bicerin" and "Hello Kitty"'s collaboration cookies.
The cookies were a gift from the former head of the "Kochira-Hishoshitsu, secretary's office."

The famous confectionary that I had seen in the popular booklet "Souvenirs for Hospitality" came from across the sea.
What was born in Europe becomes even more delicious when it passes through Japan.

As I took a bite, I was deeply touched by her kind consideration.

写真 2020-12-24 17 56 24

写真 2020-12-24 17 55 21


Next

今年は、家族揃って新年を迎えられなかった家庭が多かったことだろう。
我が家も諸事情でバラバラのまま、2021年の幕が開けた。

蒲鉾を「ボコボコ」、田作りを「めだか」。
子どもたちのおせち料理の説明に、大爆笑していた頃が懐かしい。

4日からすでにオンライン授業が再開し、もうすっかり平常通り。
学校に行けないことが平常となってしまった日常は、これからどこへ向かうのだろう。

写真 2020-12-31 18 32 52


I'm sure that many families were not able to celebrate the New Year together this year.
For family issues, our family could not celebrate the New Year together, and the year 2021 has begun.

My kids used to called kamaboko "bokoboko" and ta-zukuri "medaka".
I missed the days when we used to laugh at my children's explanations of Osechi dishes.

My kids' Online classes have already resumed on the 4th, and things are already back to normal.
I wonder where our daily life will go now that not being able to go to school has become the norm.

写真 2020-12-31 18 34 33

写真 2020-12-31 18 34 54

Next

スクリーンショット 2021-01-02 21.17.32

スクリーンショット 2021-01-02 21.19.04

スクリーンショット 2021-01-02 21.24.12

スクリーンショット 2021-01-02 21.28.32


日米のみならず世界各地で活躍中のトシ・カプチーノ氏の新春キャバレーショー。
コロナ禍でエンタメ業界が壊滅状態だった時から試行錯誤を重ね、
今回(コロナ禍以降)3回目となるオンラインライブを開催。

前回はキャッスルというホテルからの生中継で、カメラワークが抜群だった。

そして今回は、格段とレベルアップした感を受けた。
生配信は自宅から、衣装替えの合間にロケ中継を挟むのだが、これが絶妙。

ニューヨーク在住者も納得する、ロケ地の選択がさすが。
タイムズスクエア、ハドソンヤード(ヴェッセル)、ダンボ(ブルックリンブリッジ)、5番街、ブロードウェイ。
(各所で誰のどんな歌がお披露目されたか、想像しながらお楽しみください。)

コロナ禍で人は少ないけれど、いつもは観光客でごった返すような名所。
寒空の下でロケを敢行する様子を、平然と見ているニューヨーカーの姿も面白い。

ショーの構成も素晴らしかったけれど、進行するトシさんのトークと歌唱力に、
新年早々、笑いっぱなしの90分。
日米に加えて、スイス、フランス、カナダ、シンガポール、香港、オーストラリア、カナダからの視聴者、合計260名が繋がった。

新年早々、心が和むキャバレーショー。
たくさんパワーをいただきました。
次回は平成バージョン?! 楽しみにしています。

スクリーンショット 2021-01-02 21.46.45

スクリーンショット 2021-01-02 21.52.46

スクリーンショット 2021-01-02 21.52.54

スクリーンショット 2021-01-02 22.13.40


There had a New Year's cabaret show by Toshi Cappuccino, who is active not only in Japan and the U.S. but also around the world.
This show was his third online show since the start of the COVID-19 pandemic.

The show was broadcast live from a hotel called Castle, and the camera work was outstanding.

This time, I got the feeling that the level had improved dramatically.
The live broadcast was from his apartment, with films of on-location shooting in between costume changes, and it was exquisite.

The choice of the shooting location was as right as anyone living in New York could ask for.
Times Square, Hudson Yards (Vessel), Dumbo (Brooklyn Bridge), Fifth Avenue, and Broadway.
(Please enjoy imagining who sang what song at each location.

The COVID-19 pandemic made it less crowded, but it's the kind of place that's usually packed with tourists.
It was also interesting to see the New Yorkers looking on unconcernedly as they dared to film under the cold weather.

The show was wonderfully organized, but Toshi's talk and singing skills kept us laughing for 90 minutes early in the New Year.
In addition to Japan and the U.S., the connected 260 viewers from Switzerland, France, Canada, Singapore, Hong Kong, Australia, and Canada to the show.

That was a fantastic cabaret show that soothes the soul at the beginning of the New Year.
It gave me a lot of power.
Next time, a Heisei version? ! I am looking forward to it.

スクリーンショット 2021-01-02 22.22.45

スクリーンショット 2021-01-02 22.22.55

スクリーンショット 2021-01-02 22.34.43

スクリーンショット 2021-01-02 22.35.24

スクリーンショット 2021-01-02 22.40.18

スクリーンショット 2021-01-02 22.40.28


Next

2019年に拙著を原作としたミュージカルが上演された。
全11回の東京公演の後に、大阪、名古屋、北九州で公演の予定が、
直前になってすべての地方公演を延期せざるを得ない状況が表面化した。

私は原作使用許諾をしただけで、当初は制作には関わっていなかったけれど、
トラブルを解決するために、最後の最後まで伴走して、息が途絶えた。

伝えたかったテーマを、本当に伝えることができたのだろうか。
本を読まない人たちに、世界を広げてもらうことができたのだろうか。

私一人の力では何もできない。
小さな声でささやいていたら、力強く背中を押してくれる人たちがいた。

もっと新しい伝え方ができるのではないか。
ぜひ自分たちに挑戦させてほしいと、手をあげてくれる人たちがいた。

新しい仲間たちと、新しい企画がスタートした直後のコロナ禍。
目的地は決まっているのに、前に進めない大航海。

それでも、諦めない。

2021年の春、ようやくひとつが形になります。
「新作ミュージカル(タイトル未定)」上演決定。
会場で、オンラインで、皆様にお伝えできる機会を楽しみにしています。

情報は順次こちらでアップデートされますので、是非フォローをお願いいたします。

写真 2020-10-29 3 51 31



We staged a musical based on my books in 2019.
After a total of eleven performances in Tokyo, it was scheduled to be performed in Osaka, Nagoya, and Kitakyushu.
However, it came to light that all the local performances had to be postponed at the last minute.

I had only given permission to use the original work, and I was not involved in the production initially, but I accompanied the project until the very end to solve the trouble, and then I worked in all fields with my best.

I wondered if I had really been able to convey the theme I wanted to convey or not.
I wondered if I had been able to broaden the world of those who do not read books or not.

I can't do anything on my own.
When I whispered in a small voice, some people strongly pushed me forward.

I think we can find new ways to communicate.
Some people raised their hands and said, "Let us challenge ourselves.

There has been the COVID-19 pandemic just after the started of a new project with new friends.
We knew where we were going, but we couldn't move forward.

Still, we never gave up.

In the spring of 2021, one thing will finally take the result.
We will stage a new musical (title undecided).
We are looking forward to the opportunity to tell you about it at the venue and online.

We will update information here as it becomes available, so please follow us.


Next

写真 2021-01-01 0 01 06

写真 2020-12-31 23 58 24


日本との時差14時間のなかで、早朝から紅白を観ようと思って起きたのに、
TVリモコンの操作の仕方が分からない。
この新しいTVが我が家に来て2年以上経つのに、ボタンの種類も分からない。

試行錯誤すること1時間。
ようやくテレビジャパンの画面が映った時、日本はすでに午後10時過ぎ。
松田聖子の「瑠璃色の地球」に泣いて、千璃に会いたくなった。

「ゆく年くる年」で除夜の鐘の音を聴きながら、大掃除の仕上げ。

2020年最後の夕食は、子供たちとメキシカンを作って食べた。
夫は日本で、長女は寮にいて、残りの家族で静かにカウントダウンを待つ。

祖父から伝えられた家訓。
「新年は家中の明かりをつけて福を呼び込む準備をする」
ブラインドを開けて、クリスマスツリーにまたライトを灯して、待った。

タイムズスクウェアのカウントダウンは、例年のように世界中継され、
ボールドロップをみんなで見守った。

そして時間は止まることなく、2021年がやってきた。

安易におめでとうとは言えないけれど。
皆様、本年もよろしくお願いいたします。

写真 2021-01-01 0 01 45

写真 2020-12-31 23 59 50

写真 2021-01-01 16 47 21


I woke up early in the morning to watch "Kohaku _ TV Japan," despite the 14-hour time difference between Japan and Japan.
I didn't know how to use the TV remote control.
It's been more than two years since we got this new TV, and I don't even know what buttons are on it.

It took me an hour of trial and error.
When I finally saw the TV Japan screen, it was already past 10 p.m. in Japan.
I cried to Seiko Matsuda's "Ruri Iro no Chikyu" and wanted to see my daughter, Seri.

As I listened to the sound of the night bells ringing in "Yuku Toshi, Kuru Toshi," I finished up my cleaning.

For the last dinner of 2020, I cooked and ate Mexican food with my children.
My husband was in Japan, my eldest daughter was in the dormitory, and the rest of the family was quietly waiting for the countdown.

There is a family tradition passed down from my grandfather.
"On New Year's, we turn on all the lights in the house and prepare to bring in good fortune."
We opened the blinds, lit up the Christmas tree again, and waited.

The countdown in Times Square, as it always is, would be broadcast worldwide.
We all watched the ball drop.

Time never stops, and 2021 has arrived.

It's not easy to say "Happy New Year," though.
Thank you all for your support this year.

写真 2021-01-01 0 00 29

写真 2020-12-31 23 59 58
Next