Archives

2021年06月

IMG_2206

IMG_2209


昨年3月20日のロックダウン以降、なるべく街に出ることを避けて生きてきた。
セントラルパークを歩くことはあっても、人通りのある道は通らない。

アジアンヘイトの視線を避けるよう、マスクとサングラス姿がスタンダードで、
移り行く街を眺めながら、上を向いて歩く余裕はすっかりなくなっていた。

今週のニューヨークは熱波に襲われていて、連日35度の猛暑が続いている。
電気使用量過多で、アパートのエレベーターが停止中。

狭い階段を高層階まで往復せざるを得ない、過酷な日常のなか、
マンハッタンを歩いて、空を見上げる。

広い空に憧れながらも、この狭い空にも、愛着を感じる。
迷いながらも、上を向いて歩いてみよう。

IMG_2211

IMG_2222

IMG_2216


Since the lockdown on March 20 last year, I have lived my life avoiding going out into the city as much as possible.
I may walk in Central Park, but I don't go through the crowded streets.

I wear a mask and sunglasses to avoid the gaze of Asian haters.
I no longer had time to look up and see the city in my transition time.

This week, New York is in the midst of a heatwave, with the temperature hitting 35 degrees every day.
The elevators in my apartment are down due to excessive electricity usage.

I've been forced to take the narrow staircase to the upper floors and back during the harsh routine.
I walk around Manhattan and look up at the sky.

I long for the vast sky, but I also feel attached to this narrow sky.
Even though I am lost so often, I try to look up and walk.

IMG_2208

IMG_2212
Next

IMG_2144 2


タイムズスクウェアは、人で溢れていた。
こんな光景を見るのは1年半ぶりだろうか。

友人との約束にはまだ少し時間があるからと、
42nd ストリートを西に向かって歩く。

東西に伸びる道路の延長線上にピッタリ夕陽が沈むマンハッタンヘンジ。
今年は5月30日と7月12日がその日に当たるけれど、
今の季節、晴れた日はいつでも、美しいサンセットショーが展開される。

日々いろんなことがあるけれど、夕陽はいつも、力をくれる。
明日もう少しだけ頑張ってみようかな、そんな気分にさせてくれる。

IMG_2142 2

IMG_2147 2


Times Square was overflowing with people.
It had been a year and a half since I had seen such a scene last time.

I still had some time before my appointment with my friend.
I walked westward along 42nd Street.

This year, Manhattanhenge, where the sun sets perfectly on the extension of the road stretching east to west, happens on May 30 and July 12.
But even in this season, on any clear day, a beautiful sunset show can be seen.

Many problems happen every day, but the sun setting always gives me strength.
It makes me feel like I can try a little harder tomorrow.

IMG_2150 2

IMG_2152 2
Next

学生時代、西海岸に留学した時、ひどいホームシックになった。
心が寂しくてたまらないのに、それを表に出すことができない環境。

インターネットやメールのない時代、私は自分宛に手紙を書いた。
近くに郵便局もなくて、切手の買い方を聞くことすらできなかった。

最後に寄ったロサンゼルスの街中で、エアーメールを投函した。
手紙が届くよりずっと先に、春の香りがする日本に戻った。

退屈な日常の繰り返しが、嬉しかった。
自分がどれほど日本という国を愛しているのか、その気持ちを確かめたから。

******

コロナ禍で郵便事情がひどくなった。
人の往来がない分、貨物便の需要が増えて、郵送に時間がかかる。
航空便でも数週間から数ヶ月かけて、ようやく辿り着く物もあれば、
いつのまにか紛失してしまう物もある。

友人が送ってくれたエアーメールを受け取って、20年前を思い出していた。
丁寧な手紙が添えられてあり、彼女の優しさを痛いほど感じた。

メールでなんでも片付けられてしまう時代だからこそ、マニュアルが嬉しい。
本当に大事なものを、コロナの時代が教えてくれている。

IMG_2088 2


When I studied abroad on the West Coast as a student, I was homesick.
My heart was so lonely, but I could not show it.

In the days without the Internet or e-mail, I wrote letters to myself.
There was no post office nearby, and I couldn't even ask how to buy stamps.

At my last stop in Los Angeles, I dropped off my air mail.
Long before the letter arrived, I returned to Japan, surrounded by the scent of spring.

The monotonous repetition of my daily life made me happy.
It was a confirmation of how much I love the country of Japan.

******

The COVID-19 pandemic has made the postal situation worse.
The lack of passenger flights has increased the demand for cargo mail, and it takes longer to arrive.
It takes weeks or even months for some items to arrive by airmail finally.
Some things are lost before you receive them.

When I received an airmail that a friend had sent me, it reminded me of 20 years ago.
There was a polite letter attached to it, and I felt her kindness painfully.

Even that people can deal with everything by e-mail, I am glad for the manual.
The age of COVID-19 is teaching us what is essential.

IMG_2089
Next

IMG_1706

IMG_1705


「鳥えん」は、東京・目黒にある超人気店「鳥しき」のニューヨーク店舗。
昨年1月のオープン直後にコロナ禍という災難に見舞われたものの、
口コミであっという間に予約の取れない店になってしまった。

「焼き鳥」のジャンルで初めてミシュラン星を獲得した池川シェフが、
日本からやってきて、自ら串を焼いてくださるという機会。

しばらくメキシコに拠点を移す親友が、出発前にと声をかけてくれた。
コロナ禍でずっと会えなかった友人たちと再会というサプライズ付き。

かつては、日本と違う食材で同じ味を提供するのが、海外店舗進出の難しさだったけれど、
今は世界中どこでも、日本の味がしっかり再現されることに感動する。

寿司も焼き鳥も、やっぱりカウンターで提供されるのが最高。
こんな場面でも、コロナ禍の出口が見えてきた。

IMG_1710

IMG_1702


"Torien" is the New York branch of the trendy "Torishiki " restaurant in Meguro, Tokyo.
Though it was hit by the COVID-19 pandemic right after its opening last January, it quickly became a restaurant where you couldn't get a reservation by word of mouth.

Chef Ikegawa, the first chef to win a Michelin star in the "yakitori" category, came from Japan and cooked "yakitori" himself.

One of my best friends, who is moving to Mexico, asked me to join the dinner before leaving.
It was a surprise for me to see my friends I hadn't seen for a long time in the COVID-19 pandemic.

It used to be difficult to open a restaurant overseas because the ingredients were different from those used in Japan.
But now, we are impressed that they can reproduce the Japanese taste anywhere in the world.

People love the way that they serve sushi and yakitori at the counter.
Even in situations like this, we feel we see an exit of the COVID-19 pandemic.
IMG_1725

IMG_1726

IMG_1728

IMG_1701
Next

姉から父へ贈った物を返品してくれと、弟に連絡が入ったらしい。
身体が動けなくても頑固な父は、一度言い出すと絶対に引かない。
「不要な物を贈ってくれるな」という言い分が、私の腑に落ちない。

「贈り物〜ギフト〜」
相手が喜ぶ顔を想像して、それを選ぶために費やす時間もギフトなのだ。
例えそれが自分の好みと違った物であっても、笑顔で受け取ってほしい。

老いることは、せつない。
想うだけで、何もできない自分にもジレンマが残る。

それでも。
貴方の娘であることは、私の誇り。
心からの感謝と祝杯を。

IMG_2108


I was told that my father contacted my brother to ask to return my sister's gift.
My father, who is stubborn even when he can't physically move, never backs down once he says it.
I don't understand the whole argument; he doesn't want the unnecessary gifts.

"Gift"
The time you spend imagining the face of the person you're giving it to and choosing to make them happy is also a gift.
Even if it is something different from what you like, I hope you will receive it with a smile.

Growing old is sad and painful; it leads me back to my old memory with my father.
Thinking about my hometown and my parents leaves me with the dilemma of not doing anything about it.

But still.
I'm proud to be your daughter.
My heartfelt thanks and congratulations to you.

Next

コロナ禍で飲食店は大打撃を受けてきたけれど、
お店で食べていたものを、自宅用にいかに美味しく提供できるか。
テイクアウトとデリバリーに力を入れてきた店舗は、生き残っている。

ニューヨーク発のステーキハウスは星の数ほどあるけれど、
熟成肉といえば「ピータールーガー」か「ウォルフギャング」が人気。

先月、長男が誕生日にステーキをリクエストしてきた。
「プレゼントはいらないから、お腹いっぱい肉を食べたい」と。

焼きたてを持ち帰り、ピラニア軍団とたいらげた。
胃袋が満たされると、みんなの笑顔が増える。

IMG_1653

IMG_1658


Restaurants have been hit hard by the COVID-19 pandemic.
The question is how they can provide the same delicious food for home use that we used to eat at the restaurant.
Restaurants that have focused on take-out and delivery have survived.

There are many steakhouses in New York.
When it comes to aged meat, "Peter Luger" or "Wolfgang's Steakhouse" is the most popular.

Last month, my oldest son requested a steak for his birthday.
He said, "I don't want a birthday gift, but to eat my fill of meat."

We brought home a freshly cooked steak and devoured it with my team "piranhas."
Everyone's smile increases when their stomachs are full.

IMG_1652


Next

IMG_2081


6月15日は、ニューヨークで最初の新型コロナ感染者が報告されて472日目。

18歳以上の成人、少なくとも1回のワクチン接種完了者が70%に達し、
エンパイアステートビルが、ブルーとゴールドの光を放った。
コロナ終息を宣言する勝利のライトアップ。

マイルストーンの達成とエッセンシャルワーカーへの感謝をこめて、
ニューヨーク各所では花火が打ち上げられた。

今後、コロナに関する規制のほとんどが解除されていく。

それでも、ニューヨーカーは楽観していない。
世界でも最悪の事態、たくさんの犠牲者を目の当たりにしてきたからこそ、
政府のお達しだけを鵜呑みにすることはない。

自分たちで考えて行動をすることで、再興への道を歩んでいる。
自己責任で、自分と家族と愛する人を守る。

IMG_2083

IMG_2082


June 15 was the 472nd day since the first case of COVID-19 infection was reported in New York.

With at least one completed vaccination, the number of adults 18 years and older reached 70%.
The Empire State Building lit up in blue and gold.
It was a triumphant light-up proclaiming the end of COVID-19.

We reached milestones and thanked essential Workers.
The city set off fireworks in various parts of New York.

From now on, we will lift most of the restrictions on COVID-19.

Still, New Yorkers are not optimistic.
We've seen some of the worst in the world, and we've seen a lot of casualties.
We don't just take the government's word for it.

By thinking and acting on our own, we are on the road to recovery.
We will protect ourselves, our families, and our loved ones at our own risk.

IMG_2069

IMG_2080

Photos borrowed from internet media.

Next

IMG_1942

IMG_2033


昨年の今頃は、近所の病院周辺に遺体安置のトラックが置かれ、
セントラルパークは野外病院と化していた。

逃げるように家族で日本に一時帰国したものの、2週間の自主隔離。
海外からの帰国者というだけで、腫れ物に触るような扱いを受けた。

どこに行けば出口が見えるのか、光のない暗黒時代を経て、
米国ではワクチン政策だけが、救いの手となった。

街が、以前のように動き始めている。
集団免疫の達成が、すぐ目の前にある。

今年の誕生日は、友人がサプライズでお祝いしてくれた。

コロナ禍で、空白の1年を過ごし、2歳くらい年を取った気がするけれど、
いくつになっても「おめでとう」と言ってもらえることが、本当に嬉しい。

IMG_1938

IMG_1980


Around the same time last year, trucks were being used to transport bodies around the neighborhood hospital.
Central Park had been turned into an open-air hospital.

My family temporarily returned to Japan to escape, but we had been quarantined for two weeks.
Just because we were returning from abroad, people put us at a bit of a distance.

We went through a dark period with no light, wondering where to go to find a way out.
In the U.S., the only thing that could help was the vaccine policy.

The city is starting to move like it used to.
The achievement of herd immunity is just around the corner.

A friend surprised me with a birthday celebration this year.

I spent a blank year due to the COVID-19 pandemic, and I feel like I've aged more than two years.
I'm delighted to hear friends say "Happy Birthday" to me, no matter how old I am.

IMG_1931 2

IMG_1954
Next

英訳本が欲しいという友人から連絡をいただき、待ち合わせ。
愛犬を連れてくるというので、アウトドアのテーブルで待つ。

久しぶりに、長い時間、人を待つ。
そんな光景すら、懐かしい。

一人娘を育てながら、仕事も懸命に頑張っている彼女が、
社団法人に賛助までしてくださって、頭が下がる思いでいっぱい。

勇気ある女性は、強くて優しい。

IMG_1865


I was contacted by a friend who wanted an English translation of my book, so I met her.
She said she would bring her dog with her, so I waited at an outdoor table.

It's been a long time since I waited for someone for a long time.
Even such a scene was nostalgic.

She's raising her only daughter and working hard at her job.
I was filled with a sense of thanking her for even supporting Seri's Gift Association in Japan.

Courageous women are strong and kind.

Next

子供たちを小学校に見送った後に、ママ友とお茶をすることが夢だった。

職場と学校を往復したり、勤務後に慌ててアフタースクールに迎えに行ったり。
まったく余裕のなかった当時は、どうやってやり繰りしたのかさえ記憶がない。

ニューヨークは、インドア会食も通常に戻ってきているけれど、
アウトドアにテーブルを出している店舗は、まだそのままで営業している。

朝の散歩をした後に、待ち合わせ。
まもなく本帰国する友人を囲んでの、ブランチタイム。

みんな、帰るべきところに、帰って行く。
何度見送っても、別れの寂しさに慣れることはない。

IMG_1863


I had always dreamed of having tea with my "mom friends" after dropping my kids off at elementary school.

I had been going back and forth between work and school.
I always rushed to pick up my kids from after-school after my work.
I don't even remember how I managed it at that time when I had no time to spare.

In New York, indoor dinners are backing to normal, but the restaurants with outdoor tables are still open for business.

After a morning walk, we met up.
It was brunch time with friends who will soon be returning to Japan.

Everyone is going back to where they belong.
No matter how many times I see them off, I never get used to the sadness of parting.
Next

コロナ禍を通して、直に会える友人は、かなり限定されていた。
ワクチン政策が進み、飲食店も少しずつ再開。

来週の誕生日を前に、友人がお祝いしてくれた。
一日一組限定、大堂シェフが提供する懐石料理の極み。

夏野菜。季節を感じさせる、目にも舌にも美味しい食材が勢揃い。
料理の質は当然ながら、提供される器の美しさにも圧倒される。

「大堂」の名に相応しく、御堂のような静寂のなか、会話も御馳走になる。
シェフの人柄、友人の温かい気遣い、素敵な時間をありがとう。

IMG_1786


Through the COVID-19 pandemic, the number of friends I could meet in person was quite limited.
The vaccine policy has progressed, and restaurants are slowly reopening.

Before my birthday next week, my friends celebrated with me.
Limited to one group per day, Chef Odo serves the best of Kaiseki cuisine.

Summer vegetables. An array of ingredients reminds us of the season and is delicious to both the eyes and the palate.
The quality of the food and the beauty of the plates served are overwhelming.

As the name "Odo, Grand Hall" implies, you will be treated to conversations in the silence of a grand hall.
Thanks to the chef's personality and my friend's warm consideration, I had a wonderful time.

IMG_1782

先付 染付(蓴菜、車海老、オクラ、ヤングコーン、土佐酢ジュレ、針生姜、穂紫蘇)
Appetizer(water shield, tiger prawn, okra, young corn, tosa vinegar jelly, ginger, inflorescence of shiso)

IMG_1783

お造り(サユリ、金目鯛、中トロ、山葵)
Sashimi Plate(halfbeak fish, golden eye snapper, medium fatty tuna, wasabi)

IMG_1789

お椀(鱧、インゲン、柚子、茗荷)
Soup - type Appetizer(hamo, green beans, yuzu, myoga)

IMG_1792

和物(蕗胡麻和え、毛蟹、すり胡麻)
Simmered Dish(boiled butterbur with sesame paste, hairy crab, ground sesame)

IMG_1796

揚げ物(喉黒の幽庵焼き、菊花大根、パプリカ甘酢漬け、マスターシード)
Deep - fried Dish(grilled rosy seabass, chrysanthemum and radish, sweet pickled paprika, mustard seed)

IMG_1802

IMG_1807

炊合せ(宮崎和牛A5、ごぼう、ネギ、水菜、すき焼き)
Cooked Dish(miyazaki wagyu beef A5, burdock root, leek, pot herb mustard, sukiyaki)

IMG_1812

IMG_1814

ご飯(穴子といくらと雲丹の釜飯、三つ葉)
Rice(rice cooked with conger eel, salmon roe and sea urchin, mitsuba)
赤出汁(揚げ、アオサ)
Red miso soup(fried bean curd and aosa)
糠漬け(大根、きゅうり、白菜、生姜)
Pickles(radish, cucumber, chinese cabbage and ginger)

IMG_1815

デザート(マスカット、黒糖ソフトクリーム)
Dessert(muscat, brown sugar soft ice cream)

IMG_1817

お菓子(マカロン、ほうじ茶)
Sweets(macaroon, hojicha)

IMG_1800

IMG_1818

IMG_1821




Next

眼球を持たずに生まれてきた娘・千璃。

最初の本を出した当時は、少しでも多くの人に知っていただきたいからと、
依頼のあった取材には、一社ずつ丁寧にお答えしていったけれど、
興味本位の取材記事が掲載されると、親としては大きく疲弊した。

今は、違う。

日記だけでまとめた言葉足らずの文章を補ってくれる取材。
メッセージを拾い上げて一緒に伝えてくれようとする仲間。

真摯な姿勢でずっと見守ってくれている女性誌(6/17号・本日発売)に、
7ページの特集記事が掲載されています。

娘・千璃、18歳。
たくさんの愛で、生きています。

IMG_1764


My daughter, Seri, was born without eyes 18 years ago.

When I first published my first book, I wanted as many people as possible to know about our story.
I responded to each request for an interview one by one.
However, as a parent, I was incredibly exhausted when articles with a curious focus were published.

Now, it's different.

I got Interviews that make up for the lack of words in the sentences I put together only from my diary.
I have fellows who picked up my message and tried to convey it to me.

Here is a women's magazine watching over us with a sincere attitude (the June 17 issue, on sale today).
There is a 7-page feature article in the magazine.

My daughter, Seri, is 18 years old.
She lives with a lot of love.

9年前の記事
こんな記事もありました。

Next

【謝謝妳〜來到這世上 沒有眼鼻的寶貝為生命點亮前進方向】
“Thank you 〜 For being in this world, a baby without eyes and nose lights the way for life.”

IMG_1759


拙著「生まれてくれてありがとう」が台湾で出版された。

初版が発行された2017年11月から半年が経った頃に、
台湾のエージェントから最初のコンタクトがあった。

中国語版(繁体字)発行に寄せての「あとがき」を校了してから
2年以上が経過して、ようやく出版の準備が整ったとの連絡が来た。

海外出版は、本当にハードルが高い。

それでも、メッセージを一緒に伝えたいと申し出てくれる人がいる。
本当に、本当に、ありがたい。

中国語はまるでダメなので、翻訳チェックも人の手を借りないと出来ないけれど、
文末に「あとがき」を掲載しますので、是非読んでください。

スクリーンショット 2021-06-01 午後6.04.28


My book "Umaretekurete-Arigatou./ Thank You for being in this world" has been published in Taiwan.

Six months after the first edition I published in November 2017,
I received the first contact from an agent in Taiwan.

More than two years had passed since I completed the "Afterword" for the Chinese (traditional) edition, and the publisher finally informed me that the book was ready for publication.

The overseas publication has a high hurdle.

Still, some people are willing to share their messages with me.
I am grateful.

I don't speak Chinese very well, so I needed someone to translate it.
I'll post the "Afterword" at the end of this article, so please read it. (Japanese only)

IMG_1761


繁体中国語版 発行に寄せて

アメリカで初めての妊娠、出産を前にして、不安だった時期に、産婦人科医師に言われた言葉があった。
「ちょっと鼻が低いかな。でもアジア人だから仕方ないよ。あまり期待しないでくださいよ」
医師自身もアジア人だったのに、そういう言葉で片付けられたことが、とてもせつなかった。当時は、「アジア人だから仕方ない」と諦めなければいけないことが、たくさんあり過ぎたのかもしれない。
ニューヨークで生活していると、世界の中でのアジア人という位置付けについて、常に考えさせられる機会は多い。異国の地での子育ては、何かとハードルが高く、医療も教育も、すべてが初体験。真っ暗なトンネルの中を、手探りでずっと歩いてきた。教科書もお手本もないからこそ、少しでも軌跡を残すことが、後に続く人に光を灯すことができるかもしれないと希望を繋いできた。いつしか、日本人として、アジア人として、何ができるか、何をすべきか、そして何を伝えられるかを考えながら生活することが、私のなかでのルーティーンとなってきたように思う。娘と共に生きるだけで精一杯の日々から、娘が生まれた意味を受け入れながら、今はもっと広く、次の世代にタスキ繋ぎをする活動を始めている。

アメリカ、ニューヨークという舞台で、たくさんの障害を持って生まれた長女と歩いてきた日々。それはアジア人が世界に挑戦してきた記録でもある。このたび、日本語以外の言葉でそれをお伝えできる機会をいただいたことを、心より感謝しています。

重い障害を持って生まれた娘との日々を綴った「未完の贈り物」(二〇十二年)の続編でもある本著「生まれてくれてありがとう」(二〇十七年)を出版する際、これまで娘と私たちを支えてくださった方々へ感謝を伝える本にしたいと思った。私たちを理解してくださっている出版社、編集者、プロデューサー、アーティスト、そして大切な友人たち。チームとして一緒に作り上げたいという想いを、至るところに散りばめてみたいと思った。
 重たい障害、重たい内容の本ではあるけれど、少しでも手に取りやすいようにと、私の想いをビジュアルで表現してくださったのが、表紙と挿絵になった二人のアーティストの作品。日本画家、山田みどり氏は、崇高な魂の色、紫を中心に、娘が思い描いているであろうキラキラした世界観を、ロンダという独自の技法で描いてくださった。若者に大人気のアートディレクター三浦大地氏が、「子供たちに夢を与えたい」と、愛くるしい挿絵を描き下ろしてくださった。
 娘はこの世界を見ることができないけれど、こんなにたくさんの愛に囲まれていることを、きっと感じてくれている。世の中で本当に大切なものは、きっと目に見えないのかもしれない。
たくさんの愛が詰まったこの一冊を、少しでも多くのアジアの皆さんにお届けすることができたら幸せです。

 二〇十八年秋                     倉本美香





Next