Archives

2021年07月

2002年7月27日、小さな会社を設立した。
口コミだけで人脈と仕事の幅を広げ、長く細々と業務を遂行した。

何度も諦めそうになったけれど、まだ続いている。
2021年7月27日、20期目のスタート。

まだ、諦めない。

IMG_2445


On July 27, 2002, I founded a small company.
Through word of mouth alone, I expanded my network of contacts and work and carried out my business in a long and detailed manner.

I almost gave up many times, but I'm still going.
On July 27, 2021, I started my 20th term.

I'm not giving up yet.

Next

お世話になった人には、直接御礼を伝えたい。
時間が限られているからこそ、有効に足を使う。

海を渡って台湾の人々に届けられた拙著は、
手に取りたいと思わせる表紙にも、好評をいただいているらしい。

いろんな人の優しさの集大成。
世界はもっと、優しくなれる。
IMG_2476


I want to thank the people who have helped me in person.
Because time is limited, I use my activity effectively.

I heard that my book, which was delivered across the ocean to the people of Taiwan, has been well received, with a cover that makes people want to pick it up.

It is a compilation of the kindness of many people.
The world can be more kind.

IMG_1757 2

Next

IMG_2454

IMG_2455


東京都内にある私立学園で、講演させていただいた。
教科書を使わない「教えない授業」というユニークな授業を取り入れて、
現在の学校教育にメスを入れ、斬新なカリキュラムで知られている。

終業式に続く特別講演という形で、
在校生と保護者、合わせて400名程が、オフラインとオンラインで受講してくださった。

普通の日常とかけ離れた障害者の現実を、まず知っていただくこと。
話を聞いて感じたことを、友達や家族と話しあって欲しいこと。
応援されるよりも、応援する側にまわった時に、エネルギーが湧いてくること。

愛と優しさが循環する社会の実現に向けて、
生徒の皆さんが、少しでも考えるキッカケになってくれたらと願います。

当事者では伝えきれないことがある。
まず知ってください。そして一緒に伝えてください。

スクリーンショット 2021-07-18 午後0.09.37

スクリーンショット 2021-07-18 午後0.10.09

スクリーンショット 2021-07-18 午後0.10.54 2

スクリーンショット 2021-07-20 午後9.44.31


We had the opportunity to give a lecture at a private school in Tokyo.
The school is known for its innovative curriculum and unique teaching method called "teaching without textbooks," They bring the revolution to the current school education system.

In a special lecture following the school ceremony, current students and their parents, about 400 people, attended the course offline and online.

The first thing we wanted to do was to let them know about the reality of people with disabilities, which is far removed from everyday daily life.
We would like them to talk with their friends and family about their feelings after listening to the lecture.
I told them that you would feel energized when you are on the side of support rather than being supported.

Toward the realization of a society where love and kindness circulate.
I hope that we will inspire the students to think about this.

Some things cannot be conveyed by the people involved.
Would you mind getting to know them first?  
Then, please tell them together.

IMG_2452

スクリーンショット 2021-07-21 午前10.14.59

スクリーンショット 2021-07-21 午前10.17.33

Next

logo


どんな人が読んでくださっているか分からない、このブログ。
離れている家族や友人への近況報告として、2007年に書き始めた。

JAL時代からお世話になっている先輩、重太みゆきさんとイーサンと約束して、
2011年からは、日本語と英語で書き続けた。

日頃、目にしたものや、感じたこと。備忘録。
度重なる想いや退屈な内容でも、ずっと読んでくださっている人がいる。

日常の英会話はできているのに、英語を書くのは本当に苦手。
それでも、書くことを諦めずにいたら、いろんな御縁が繋がった。

在米20年を超えて、絶対必要だと思っていた語学力アップのノウハウを、
チームで一緒に開発していく準備を、昨年からずっと進めてきた。

言語はあくまでもコミュニケーションツールに過ぎないけれど、
やっぱり言葉にしなければ、伝えられないものがある。

「書くこと」ができれば、必ず語学力は伸びていく。
ぜひ一緒に、貴方の世界を広げてみませんか。

M's Lab. ウェブサイト
M's Lab. Faceboook Page

logo_y


I can't guess who is reading this blog.
I started writing it in 2007 as a status report to my family and friends who are far away.

I promised Miyuki Shigeta, my senior who has been helping me since my JAL days, and her boss, Ethan.
Since 2011, I have continued to write my blog in both English and Japanese.

What I see and feel daily. Memoranda.
Even with my repeated thoughts and boring content, I thank people who keep reading.

I can speak English in my daily life, but I am awful at writing English.
Still, I never gave up on writing, and I made various connections.

I've been in the U.S. for over 20 years, and I've been working on the know-how on how to improve the language skills that I knew I absolutely needed.
We've been preparing to develop it together as a team since last year.

A language is just a communication tool.
However, we cannot convey some things unless we put them into words.

If you can write, your language skills will surely improve.
Why don't you join us and expand your world?



Next

IMG_2368

IMG_2325

IMG_2345

IMG_2352


ずっと昔に見た米国の花火は、打ち上げる花火師の技術不足のせいか、
日本で見るそれよりも、ずっと貧弱なものに感じたものだった。

しかし、今年の花火は本当に凄かった。
米国が独立して245年目の記念日。

15ヶ月ものロックダウンに耐えた人々が、一緒に空を見上げた。
65,000発の花火が大きく宙を舞い、その迫力に酔いしれた。

「孤立、痛み、愛する人を失くす辛さなどの暗闇から、抜け出しつつあるが、
闘いが終わったわけではない」

バイデン氏の声明が、力強く胸に響いた。

独立記念日の時点で、603,018人の尊い生命が失われた。
決して後戻りはできない。

IMG_2308

IMG_2312

IMG_2336


The fireworks I saw in the U.S. a long time ago were much poorer than those we see in Japan, probably due to the lack of skill of the master of fireworks who set them off.

However, this year's fireworks were genuinely fantastic.
It was the 245th anniversary of the United States' independence.

The people in New York, who had endured 15 months of lockdown, looked up at the sky together.
Sixty-five thousand fireworks danced in the air, and their power intoxicated us.

"We are emerging from the darkness of isolation, pain, and the pain of losing loved ones.
But that not say that the virus of COVID-19 is over."

President Biden's statement resonated powerfully in my heart.

As of Independence Day, 603,018 precious lives have been lost.
We should never turn back.

IMG_2369

IMG_2373

IMG_2374

IMG_2381

IMG_2386


Next

日本女子サッカー界を牽引してきた鮫島彩選手が、
東京オリンピック代表選手の選考から外された。

2011年のW杯優勝という功績を残したベテラン選手。
母娘ほどの歳の差なのに、私にとってはいつも何かを教えてくれる存在。

日本代表という使命を背負いながら、スランプに陥っていた時。
怪我のリハビリで、毎日京都に通っていた時。
コロナ禍で、世界が大混乱に陥っていた時。

私たちは、普通に、一緒にいた。
他愛無いこと、小さな夢を語ったりして、時を過ごした。

先月、代表選考の発表を、私はオンラインで見ていた。
彼女にかける言葉が、うまく見つからなかった。

翌朝、彼女から「悔いはない」というメッセージが届いた。
常に全力を尽くしている彼女だから、その言葉に嘘はない。

自然と、涙がこぼれた。
もしかして、泣きたくても泣けない彼女の代わりだったのかもしれない。

いろんな想いが交錯するけれど、
彼女の強さと優しさが、日本代表チームには絶対に必要だった。

いつの時代も、人は前を歩く人を探している。
素敵な人が前を歩いていればこそ、若き世代に引き継がれていく。

彩ちゃん、私は人生の前を歩いているけれど、
心はずっと、貴女の背中を追っているのかもしれない。

またオフの日に、美味しいものでも食べに行こう。

こちらの記事も是非。
「日本代表の重み」
「再会」
「高揚」
「音楽の記憶」
「愛おしい時間」
IMG_1276 2


Aya Sameshima, a leading figure in Japanese women's soccer, has been excluded from the selection for the Tokyo Olympics.

She is a veteran player who won the World Cup in 2011.
Though she is significantly younger than me, she always teaches me something.

When she was in a slump while carrying the mission of representing Japan.
When she had to go to Kyoto every day for injury rehabilitation.
When the world was in turmoil due to the COVID-19 pandemic.

We were together, just like as being natural.
We spent our time talking about trivial things and small dreams.

Last month, I was watching the announcement of the national selection online.
I couldn't find the right words to say to her.

The following day, I received a message from her saying, "I have no regrets."
She always does her best, so there was no lie in her words.

I naturally burst into tears.
Perhaps it was a substitute for her inability to cry even if she wanted to.

I had so many mixed feelings.
Her strength and kindness are necessary for the Japanese national team.

At any age, people are always looking for someone to walk in front of them.
It is only when an extraordinary person is walking ahead that the younger generation will take over something.

I may be walking ahead of you in life, but my heart always is following your back.

Let's go out together soon on our off days.

IMG_1273

Next

「7月4日の独立記念日までに集団免疫の獲得を目指したい」
バイデン大統領が目標とした日程が目前に迫り、米国は苦戦している。

多くの都市部はワクチン政策が順調に進んできたが、アメリカは広い。
普段の生活で人との接触が少ない郊外や中西部で、政策が難航している。

でも、米国民は諦めていない。
世界がこの悪夢から醒めるまで、一緒に戦い続ける。

こんな状況でオリンピックが強行される日本。
一体、どこに向かっていくのだろうか。

IMG_2214


"We want to win group immunity by Independence Day, July 4."
The U.S. is struggling to meet President Biden's target date, which is fast approaching.

Many urban areas have made good progress with their vaccine policies, but the United States is a large country.
In the suburbs and the Midwest, where people have less contact with each other in their daily lives, the policy is complicated.

But the American people have not given up.
Until the world wakes up from this nightmare, we will continue to fight together.

The government of Japan forces to hold the Olympics under these circumstances.
Where on earth are we headed?

IMG_2215

Next