DSC02554


久しぶりに5番街を歩いた。
前回通りがかったのは、約1か月前のユニクロオープンの時。
観光客が溢れ、物価も高いエリアだから、日常的に通りがかることは意外と少ない。

ふと見上げると57丁目の交差点に、いつものアレが登場していた。
ニューヨーカーにとって、ホリデーシーズンの風物詩。

10年以上前に、初めてコレを目にした時は、ニューヨークの街にしてはセンスがないなと首を傾げたが、巨大な雪の結晶が暗闇に浮かび上がる姿はなかなか迫力がある。
そして毎年コレがお目見えすると、もうこの季節になってしまったのだと、時間の経過のはやさを痛感する。

2011年最終盤。景気の悪さも何のその、街のイルミネーションはどんどん華やかになっている。
例年と違うのは、ユニクロの広告が過剰なほど街に溢れていることだろう。

DSC02550


I walked on Fifth Avenue last week.
The last time I passed by there, was about a month before, the opening of UNIQLO.
The road is full of tourists, and higher prices, I don't take the street on a
daily basis.

I looked up at the intersection of 57th Street.
There was a big snow crystal in the sky.
For New Yorkers, it was the rites of the holiday season.

More than 10 years ago, when I saw the first time, I felt that it was not cool as the object for the city of New York.
But a lighting of giant snow crystal in dark gives us quite impression.
I keenly aware of the coming of the winter season when I see it.

It is almost the final of the year 2011.
Under the bad economy, but the illumination of the city has become more
and more spectacular.
One thing unlike previous years, there are too much the ads for UNIQLO in the city.

DSC02555


DSC02557


DSC02559