snowman

Cat

Rame

Tree


街中のカフェや地下鉄の中で声をかけられることがある。(女性限定)
「あなたの爪、とっても綺麗。どこの店に行っているの?」
私は胸を張って答える。
「日系のサロンに行けば、どこでもこれぐらい朝飯前ですよ」
「信じられない。やっぱり日本人はすごいわ」

私自身、こうやって自分の身の回りに気遣いをするようになったのは、つい最近のこと。
我が子が生まれたばかりの頃は、何とかして仕事と子育てを両立しようと懸命だったから、自分の服装や外見に気を配る余裕など皆無だった。

ある日、ある人に言われた。
「商談をする時に大切なのは、まず第一印象。もちろん中身も大事だけれど、外見の印象がその後の展開に大きく左右するのは紛れもない事実。男女問わず、顔と手先の表情は、気持ち次第でいかようにも変わる。」
「ビジネスに限らず、改まって人に会う機会には、その人に会うという行為のためにどれだけ気持ちを費やしたかが第一印象に表れる。」

はっと我が身を振り返って、反省した。
きちんとした身なりでいることは、自己満足のためではなく、相手に対する敬意なのだという意識。
持って生まれた容姿ではなく、自分で努力できることは意識して改善していこうという気持ち。
ビジネスだけでなく、プライベートな友達に会う時でさえ、相手のことを想いながら身なりを整える。
かといって、生来マメな性格ではないし、猫の手も借りたいほど忙しい毎日だから、日頃のお手入れはなるべく簡素に済ませたい。

ということで、日々のメンテナンスを最小限に済ませるための強い味方は、日系サロンの日系技術。
米国在住でありながら日系サロンに通うというこだわり。
それは日本という国の文化や技術を、もっと米国に広めたいというささやかなこだわり。

伝統工芸や工業製品、いわゆるハード部分が商品となって輸出され、日本の技術の素晴らしさは世界中に認められている。
一方で、個々の人材が持つ技術、ソフト面を直接米国にアピールする機会はまだまだ少ないからこそ、自らの身体を張って、日本の誇りを米国に伝えることをしたいと思う。
そこからビジネスの話が盛り上がることも少なくない。

まなみさん、いつもお世話になっています。
日系技術の素晴らしさを、今後もさらに米国に伝えていきましょう。

Studio L


I sometimes come under the voice in the subway or at the cafe in the city.(Women only)
"Your nails are very beautiful. Which salon do you go?"
I answer confidently.
"If you go to a Japanese salon, they can do it as well everywhere."
"I can’t believe it. But I know Japanese always do great job."

Recently I became to do something for myself in daily lives.
When my kids were babies, I tried hard to balance both work and
child-rearing.
I did nothing attentive to afford my own dress and appearance.

One day I was told by my master.
"Remember, the first impression is the most important when you have an
opportunity to see people at first in business.
Of course, the contents are important, but it depends largely on the
expansion of the subsequent impression of the appearance is an
indisputable fact.
Regardless of gender, people can change the impression of face and
hands. "
"People feel how much you think the meeting people from your first
impression, not only in business but in private."

I looked back myself and reflected.
One should have a sense of respect for the other people with proper attire,
it's not for self-satisfaction.
One should make effort to improve the impression to innate rather than
birth appearance.
He taught me the one important way in life to keep a caring feeling for
every people.
But I would like to make daily care simple as I am too busy to take care of
myself.
So, the technique of Japan salon is a strong ally in order to have a daily
maintenance to a minimum.
I commit to go to Japanese salon as the U.S. resident.
It is my commitment as a role to announce Japanese culture and
technology to the U.S. more and more.

The exported product of Japan's technology, called hard part of traditional
crafts and industrial products, is recognized worldwide.

On the other hand, the opportunity to appeal the individual technical
personnel is still little.
I would like to tell the pride of Japan to the U.S. with using my body and so on.
Few can rise from there to talk business.

I always thank for your help, Manami.
Let us tell the wonders of Japanese technology to the U.S.