不意に親しい友人を亡くして以来、いつも心に思うのは「会いたい人には、会えるときに会う」こと。
メールやインターネットの普及で、バーチャル再会が当たり前のようになった昨今だからこそ、リアルで面と向かい合うことの大切さを痛感している。

重田みゆきさん。日本各地と世界を駆け回り、講義や講演の準備に睡眠時間の確保もままならないほどの忙しさ。
それでもなぜか「待ってました」とばかりにピンポイントでスケジュールが合致してしまう不思議な御縁。
前回お会いした時も、笑って笑って笑って、幸せのエネルギーをたくさんチャージしていただいた。

先週末、我が家でちょっとした事故が発生した。
幸い大事には至らなかったけれど、救急病院で不安な数時間を過ごした時は、たまらなく心細かった。
「大丈夫?」日本からの国際電話。
みゆきさんの第一声に、それまでの緊張感がプツンと音を立てて切れた。
日本語がこんなにも優しくて温かいものだと今さらながらに感動する。

溢れだす涙と共に、不安な気持ちを一気に吐き出した。
もう大丈夫。
自分が辛い時こそ、人に強さと優しさを与えることができますように。
夜空を見上げ、新しい朝を迎えられることに感謝しよう。

DSC04122

Since I lost my close friend unexpectedly, I always think in mind, "Try to
meet people that I want to see, if I have a chance."
Virtual reunion is getting easy because of the recent spread of the Internet
and e-mail.
So I have been keenly aware of the importance of real-facing surface.

Ms.Miyuki Shigeta is busy ensuring, to spend the preparation of lectures
and lecture, around Japan and the world.
But our mysterious edge always fit our busy schedule to meet.
When I met her last time, with laughing, laughing and laughing, I was
charged a lot of energy and happiness.
Last weekend, an unexpected accident has occurred in my family.
Fortunately It did not result in important, but I was very nervous and lonely
when I spent a few hours of anxiety in the emergency hospital.

"Are you OK?” The first call was by Miyuki from Japan.
My sense of tension has been melted by her voice.
I have impressed a fresh so much gentle and warm of Japanese words.

Overflowing with tears, I spit at once feeling insecurity.
Now I am all right.
I would try to give people my strength and tenderness when I have own
painful.
I thank to try to look up at the night sky and greet a new morning.