101

2012年7月27日、それは奇跡ともいうべき出会いだった。
誰かがあらかじめ仕掛けてくれたわけでもなく、無理な力を出して近づいていったわけでもなかった。
たくさんの偶然が重なって、あまりにも自然な流れだったらから、構えることなく話をすることができた。
いつか直接お礼を伝えたいと、ずっと想い続けていた。

「私の方がいっぱいパワーをもらったよ。ありがとう。」
力強く抱きしめてくれたその腕の感触を、私は一生忘れない。

「あなたの歌声で命を救われました。今こうして空を見上げられることに感謝しています。心からのありがとうを伝えたくて。」

出会い。それは、美しくも儚い。
でも、確実に、次の夢へつながるパッションになる。
ゆっくりでいい。ここからまた少し、歩き出してみよう。

117

It was the meeting which should be called miracle on July 27th, 2012.
There was no trick someone put in advance, or there was no mean
approaching the impossible from myself.
Since a lot of overlap by chance, and it was a natural flow too, we were able
to talk without having a set up.
To thank her directly someday, had been much my thought.

“Thank you. I got a full power from your way.”
I will never forget, the feeling of her arms hugged me strongly.

“Your voice saved my life. I appreciate I can look up at the sky now.
I wanted tell my heartfelt thanks to you.”

The encounter is beautiful and ephemeral.
But, surely, it will lead to passion to the next dream.
Slow is good. Little by little, let me walk out from here.