雑貨屋めぐり (1)

雑貨屋めぐり (2)

雑貨屋めぐり (4)


いわゆる雑貨類が大好きで、大人になったら、知らない街で目にとまった
可愛い物を、手当り次第買うのが夢だった。
インテリアデザインの大学に通っていた時も、センスの良い小物を集める
アンテナ磨きに精を出していた。

時が経ち、次第にそういうものを排除して生活していることに気付いた時、
いかに自分の生活に余裕がないかと感じて、寂しくなった。
シンプルに暮らすことだけが、かっこよいわけじゃない。
時間をマネージして、生活を装飾する時間がないことが、心の余白をなくして
しまっているのだと。

仕事のリサーチを兼ねて、歩いてまわった雑貨屋の数々。
ニューヨークには、たくさんの秀逸な素材があふれている。
オーケストラの指揮者のように、これらをまとめる作業を思うとワクワクする。

雑貨という言葉が似つかわしくないのかもしれない。
生活を彩るものだから、それらはすべてがアートになるのだ。

アートに囲まれる生活を、もう一度目指してみるのも悪くない。

雑貨屋めぐり (9)

雑貨屋めぐり (10)


Since I loved so-called miscellaneous goods, I dreamed that I bought
everything that I had caught the eye in the city where I didn't know.
When I went to the New York School of Interior Design, I tried to collect
good miscellaneous goods.

When the time has passed, I noticed that I was living gradually by
eliminating such a thing.
I felt that I could not afford to my own life and became lonely.
"Living in simple" is not only cool life.
There is no time to have managed the time, to decorate a living.
That is why I have loose the margin of the heart.

I walked around many of the general stores to research as a work.
New York is full of a lot of excellent material.
It is exciting to think the work to organize these like a conductor of an
orchestra.

Perhaps, the word of "miscellaneous thing" is not appropriate.
Everything that decorates the living would be as an art.

Trying to aim the life that surrounded by art again is not bad.

雑貨屋めぐり (12)

雑貨屋めぐり (13)