A-Time (1)


子供の頃、大好きだった漫画に「A-Girl」というのがあった。
見た目ではなく、中身の熟成した「最高級の女」を目指そうと。
いつかそんな素敵なレディーになるのが目標だった。

先日、ちょっと難しい依頼を受けた。
20年ぶりにニューヨークを訪れるお客様に、惜しみなく今のニューヨークをお見せして、
ニューヨークで最高の時間を過ごせるようお手伝いしてほしいというものだった。
先方からは必要最低限の情報しか入らず、一体何をどうアレンジすれば良いのか、
途方に暮れた。

最高級のホテルやレストランを予約して、その場限りの楽しいお喋りをするのなら、
きっと誰にでもできるから。
私にしかできないことをやろうと、頭をひねった。

そして、原点に返った。
私の役割は、あくまでも人と人、文化と文化のつなぎ役だから、と。

無秩序なスケジュールながらも、たくさんの人を繋いで一週間を過ごした最終日。
ブルックリンからマンハッタンの夕焼けを臨むマジックアワーに遭遇。
うまく言えないけれど、自分の役割を少しはまっとうできたのかなと、
すがすがしい気持ちになった。

たくさんの費用をかけて楽しむ時間を演出するよりも、
基本にかえって人を繋ぐことで、誰かに新しい息吹を与えられればいい。

これからは、そんな時間を「A-Time」(最高級の時間)とよんでみよう。

A-Time (3)


When I was a child, there was my favorite comic titled "A-Girl".
I thought to try to aim to be "the finest woman" with mature contents,
rather than appearance.
It was one of my goals to become such a nice lady someday.

The other day, I was asked a little difficult work.
For a client who came to New York for the first time in 20 years, I had
to help so that he could spend the best time in New York, by showing
the current cool New York.
I was at a loss how to arrange the itinerary because I could not get
the full information from the other party.

I was sure that everyone could reserve the finest hotels and restaurants.
Or they could make fun with temporizing chatting.
I tried to do something special that only I could do for them.

And, I was returned to the origin.
My essentially role was to connect people, or to be the bond between
the culture and the culture.

We spent one week together to let him know many people in the chaotic
schedule.
The last day, we saw the sunset in the Magic Hour overlooking the
Manhattan from Brooklyn.
Though it was difficult to express my feeling well, I was happy that I could
to be my role that he hoped
.

I prefer inject fresh air to someone by connecting the person than
produce a fun time by using a lot of money.

From now on, I'll call "A-Time" (the finest time) for such a precious time.

A-Time (4)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ