胃袋 (19)

胃袋 (3)


この世で最後の食事には「寿司」を食べたいというほど寿司が好き。
仕事で落ち込んだ時も、失恋して泣いた時も、
美味しい寿司があれば、少し救われる。

ニューヨークに来て、たくさんの辛苦を味わい、日本に帰りたくて仕方がなかった。
そんな時に出会った彼の寿司に、私は胃袋を釣られた。
郷愁というのは、胃袋から始まることがある。
故郷の味が恋しく、故郷の人が恋しく、故郷の街が恋しくてたまらない時。
それでも、胃袋が故郷の味で満たされると、もう少しだけ踏ん張ってみようと思えて
しまうから、人間は現金だ。

私は専門家ではないから、飲食店の是非をブログのなかでコメントすることは極力
控えている。
食事はあくまでも個人の好みだし、いつ誰とどこで何を食べるか、
その状況によっても味の印象は変わって然るべきだから。

これまでにたくさんの店舗開業にも関わってきたけれど、
やっぱり最後には彼の寿司が食べたくなるのは、まさに相性というものだろう。
彼が店を移ると、追っかけのように、新しい店を訪ねる。
毎月とはいかないけれど、年に数回でも彼の味を楽しむことが、頑張った自分への
ご褒美。

先週は泣きたいことが山ほどあった。
でもやっぱり、彼の腕に癒された。
もう少しだけ、がんばろう。
救われることを待ち望むよりも、自分が救える先を探してみよう。

胃袋 (17)

胃袋 (5)


I love sushi the best; I want to eat "sushi" at the last day of this world.
When I fell at work, even when I cried for heartbreak,
I was saved a little if there was a delicious sushi.

Since I tasted a lot of hardship when I came to New York, I wanted to go
back to Japan.
His sushi I met at such time lured my stomach.
The nostalgia sometimes starts from stomach.
When we miss the taste of hometown, the people of hometown, and the
city of hometown, the nostalgia happens.
Nevertheless, when the stomach is filled with taste of home, I think to try t
o live here a little more, the stomach is honesty.

Because I am not a professional, I am refrained to comment the pros and
cons of eateries among the blog.
Meal is a personal preference, and the impression of taste is different by
the situation.

I have been involved in a lot of stores opened in the past.
But after all, the last I want to eat his sushi since there is chemistry between
us.
When he moves the place, I visit the new store to chace him.
Though I do not afford to go there every month, I enjoy his taste a few times
a year.

I had a lot of troubles that I wanted to cry last week.
But still, I was healed in his taste.
I intend to endure it a little more practically.
I will find someone I can help, rather than I wait that someone helps me.

胃袋 (7)

胃袋 (11)

胃袋 (12)

胃袋 (15)


JADO SUSHI

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ