安さの代償 (4)


「本当は大工になりたかった」という父の血を継いだのか、姉弟そろってモノづくりが
大好き。
初めてIKEA(米国では「アイケア」という)の家具に出会った時は、衝撃的だった。
機能的でスタイリッシュ、コストパフォーマンスの良さ。
日本に店舗が進出する以前、姉がこちらでIKEA商品を大量買いしていたのも懐かしい。

IKEA家具の難点は「重い」ということ。
学生時代から使っていた家具を、引っ越しの度に少しずつ処分して、その重さに
悲鳴を上げてきた。
なるべく家具は置かずにシンプルに過ごしたいというのが、我が家のテーマとなった。

そうは言っても、モノは増える。
先日、久しぶりにIKEA家具を購入して組み立てた。
電動器具を一切使わずに、一日中黙々と作業する姿を客観視して、我ながら
よく働いたと感心した。
どんなに精巧に仕上げたつもりでも、左右のドアの高さが微妙に違うのは、
このアパートの床面が曲がっているのからだろうと納得するしかない。

翌日、腰の痛みと手のマメに悲鳴をあげる。
安さの代償は、こんなところにもやってきた。

安さの代償 (1)


All my siblings love making things.
We took over father's blood; he really wanted to be a carpenter.
When I met IKEA furniture first, I was shocked.
It was functional and stylish, good cost performance.
Prior to the store opening into Japan, my sister had bought large quantities
of IKEA products here.

People say the drawback of IKEA furniture is "heavy".
I disposed of the furniture that had been used from student days every time
we moved to new place.
And we have screamed to its weight.
"Living in simple without the furniture as much as possible" became the
theme of my family.
Even if so to say, the stuff is increasing.
The other day, I purchased the IKEA furniture and assembled them.
I objectively viewed the figure that I worked in silence throughout the day
without using of electric equipment at all.
I was impressed myself that I did well.
The height of the left and right of the door was different in subtle, even though
how I did work finely.
I thought it was cause of the bent floor of New York apartment.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ