母は茶道の師範で、実家には着物姿のお弟子さん達が年中出入りしている。
月に幾度も着物を着る母と比べて、私が着物を着る機会は天地の差ほど少ない。

でも、こういう機会があると、背筋がすっと伸びるのを感じる。
日本の伝統芸能、伝統工芸、もっと世界に伝えていかなくては。

春の装い (5)


My mother has been a teacher of tea ceremony.
Her disciples in kimono have come to my home so often.
Compare to my mother who wear kimono again and again in a month,
the opportunity that I wear a kimono is very less.

But when there was such opportunity, I felt my spine was stretched
straight.
I have to tell more to the world, about Japanese traditional arts, traditional
crafts.

春の装い (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ