Reborn (3)


老朽化に伴う建て替えが発表されると、国内外で大きな反対運動が起こった。
それだけ、この場所に、日本建築の美が集約されていたということだろう。

家族の誕生日に親戚と食事したり、
ちょっと特別な日に友人と待ち合わせしたり。
幼い頃からずっと、近くて遠い場所。
人生のいろんなシーンを積み重ねていくことで、
背伸びをせずにスタッフと挨拶を交わせるようになった。

オリンピック開催をきっかけに、私の生まれ育った東京の街が、
私の知らない街に変わっていく。
フィナーレではなく、リボーンなんだと言い聞かせつつ。

最後の夏に、会えて良かった。

Reborn (2)


The rebuilding of Hotel Okura has been announced because of the aging.
Then a large opposition movement has occurred at home and abroad.
It only, in this location, the beauty of Japanese architecture would have
been aggregated.

I used the restaurant with my relative birthday of family,
I waited my friend at the bar for a little special day.
From an early age, it was close and distant location.
By going to repeat the various scenes of life,
I had been able to say hello to staff naturally.

Tokyo city, where I was born and raised, will change to the city I do not know,
in the wake of the Tokyo Olympics.
It was not the finale, and we hope it will be reborn.

At the last chance of the summer, I was happy to see there.

Reborn (6)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ