数年前、持病の片頭痛が悪化して、脳ドックを訪れた。
まな板の上の鯉状態で、頭を輪切り撮影されて、
私のそれは、先天的な骨格の傾斜によるものだと診察された。
一生、この煩わしさとつきあわなければいけない。

今朝はいつもより酷い頭痛で目が覚めた。
今にも泣き出しそうな空の向こうに、フリーダムタワーが見える。
霧がかったそれは、猛煙をあげて崩れていったツインタワーを彷彿させる。

2001年、日本からやって来た両親を連れて、
初めてワールドトレードセンターの上にのぼった。
展望台の囲いが、あまりにも低くて彼らは驚いた。
すべてにおいて自己責任の国だから、そこから落ちても誰も責められないのかと。

そのすぐ後に、ツインタワーが崩壊した。
目の前にあった巨大なビルが、ものの見事になくなった。
当たり前のものが当たり前でなくなることを受け入れるために、
私はきっと何年もの月日を費やした。

FDNYのサイレンが鳴って、街が静かに黙とうを捧げると、
青空が顔を出した。
この厳粛な気持ちを、忘れてはいけない。

911 (2)


A few years ago, I visited the brain dock, since chronic disease of migraine
had been worse.
In carp state on the cutting board, my head was shot by slicing.
It was diagnosed as something due to the inclination of the congenital skeletal.
So I'll have to live with this hassle.

I woke up in terrible headache than usual this morning.
Beyond the cloudy sky, I saw the Freedom Tower.
It reminded me of the Twin Towers that went collapse by raising the huge smoke.

The first time, I climbed on top of the World Trade Center with my parents who
visited from Japan in 2001.
They were surprised that the fence of the observation floor was too low.
Because it is self-responsibility in this country, anyone won't be blamed even
if somebody fell from there.

Shortly thereafter, the Twin Towers collapsed.
Huge building in front of the eyes was lost in a day.
I have surely spent the month and day for many years to accept the fact that
ones are no longer.

The siren of the FDNY was ringing and the city has devoted quietly silent prayer.
This solemn feeling, we will never forget.

911 (5)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ