MIFUNE (5)


日本贔屓のアメリカ人なら誰でも「黒澤映画」を知っている。
黒澤作品に欠かせない俳優「三船敏郎」が他界して、すでに15年以上。
来年、三船氏のハリウッド殿堂入りが決定したというニュースが舞い込んだ。

「MIFUNE COMES BACK」
レイバーデー明けのニューヨークは大いに盛り上がった。
来春オープン予定の和食レストラン「MIFUNE NEW YORK」のレセプションに、
日本文化をいろんなかたちで世界に伝えようという志を持った仲間達が
数多く駆けつけた。
吉田兄弟による三味線ライブ、三船氏のムービー上映、三船氏御子孫によるトーク。

とにかく人、人、人、、、。
あちらこちらに懐かしい面々が溢れていて、私はすっかり挨拶回り難民。
吉武シェフ開発のお料理は、目でしか楽しめなかったけれど、
日本文化、日本人の素晴らしさを一緒に堪能するアメリカ人の横顔を見ているのが幸せだった。

近年稀にみるほどの大盛況ぶりは、圧倒的な企画力の結果。
レセプション当日を迎えるまでに、どれほどの苦労があったかと思う。
ニューヨークという大舞台で、日本人魂が一丸となって何かを成し遂げる。
まだまだ伝えるべきものがたくさんあることが、日本人の誇り。

MIFUNE (2)

MIFUNE (4)

MIFUNE (3)


Anyone Americans of Japanese favor know the "Kurosawa movie".
The actor "Toshiro Mifune" who was an essential to the Kurosawa work
passed away in 1992.
We heard the news that Mifune will receive a star on "Hollywood's Walk
Frame" in 2016.

"MIFUNE COMES BACK"
Many New Yorkers gathered in Midtown on the day after Labor Day.
There had the reception party of the Japanese restaurant of the "MIFUNE
NEW YORK" which will be open in next spring.
Large numbers of fellow who had aspirations of trying to convey to the world
in various forms of Japanese culture rushed there.
We enjoyed the "Shamisen live by the Yoshida Brothers", "Mifune's movie
screenings", and "Speech by Mifune's descendants."

Anyway people, people, people ,,,.
I was greeting to my old friends through the party time.
I could not enjoy the dishes that were developed by the chef, Mr.Hiroki Yoshitake.
But I was happy to look at the American people who were enjoying the splendor
of Japanese culture together.

The project got the great success in the recent, as a result of the overwhelming
planning ability.
To up to the day of the reception party, I guess there was a much of struggle.
In the big stage of New York, the Japanese soul accomplished something united.
I'm very proud that I still have lots of things to tell as Japanese.

MIFUNE (1)


「日本のファンをつくる」ミッションを掲げる東京レストランツファクトリー
レセプション動画はこちら。 Please click here to watch the short movie.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ