二十代前半に、師匠に出会った。
学生仲間で一番早く結婚した親友が、代々木のアトリエに連れて行ってくれた。
最初はデザインを学んでいたはずなのに、
師匠の話や、彼を慕ってアトリエに出入りする友人達があまりにも面白くて、
いつしか、そこは人生を学ぶ場所になっていった。

お酒に弱い私は、友人との飲み会の帰りによくイヤリングをなくした。
「素敵な女性は、さりげなく本物を身に付けなくちゃだめだよ。
本当に良い物を身に付けていくなら、ピアスにしないと」
師匠はその場で受話器を手に取った。
形成外科医の従兄弟を紹介してもらって、その日のうちに、耳に穴を開けた。

ずっと優等生でいなくてはいけないと思い込んでいた私に、
師匠はいつもちょっと背伸びした世界を見せてくれた。

両親に事後報告した私に、年子の姉は苦笑いして言った。
「貴女はいつも、私より先に親のハードルを越えていくのね」

身に付けたいピアスはたくさんあったけれど、
自分の給料で買える物は限られていた。
そうこうしているうちに、私の人生にもいろんなことが起こり過ぎて、
お洒落を楽しむことはずっと頭の外に置いていた。

ようやく少しずつ心に余裕が出てきた時に、
師匠はあっという間に手の届かないところに行ってしまった。

本物が似合う女性になるまで、私はあとどのくらいここで彷徨うのだろう。
パールのピアスも、今はまだ出番が少ない。

56


The first half of twenties, I met the master.
A close friend who married first in student colleagues, took me to the
atelier at Yoyogi.
And even though I would have learned the design at the beginning,
The talk of the master and his friends was so interesting,
That, unawares, there became the place to learn life.

As I was weak to drink, I sometimes lost my earrings after I was drinking
with friends.
"To be a nice woman, you should wear the real thing casually.
If you go wear a really good thing, you should have pierce "
The master took in hand the handset on the spot.
He introduced me his cousin, the plastic surgeon, and I got holes in the ear
on the same day.

I had been convinced that I always had to be in the honor student,
And he taught me a little bad and adult world.
When I reported to parents that I got pierce, my elder sister told by grin me.
"You always ahead of me to go beyond the hurdle of parents."

Although there was a lot like earrings that I wanted to wear,
Things that I could buy at my own salary had been limited.
In the meantime, too many things happened in my life,
Enjoying the fashionable was put much out of my head.

Finally when I began to have a margin in the heart little by little,
The master has gone out of reach quickly.

I wonder how much I wander here until I will be a woman who can wear real thing.
Also my pearl earrings are still a small turn so far.

28


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ