50

57

05

29


2006年5月、トライベッカで物件を見つけた。
オーナーと一緒に歩いて歩いて、、、そこはたった5分で購入を決めた。
何もない私を全面的に信用してくれて、全部託すと仰せつかった。
開業まで2年近くの苦労、それから8年近くの道のり。
すべてを想うだけで、泣けてくる。

開業前に水漏れ事故があって、
これ以上開業が遅れたら、このまま一家心中しようと本気で考えた。
実権は何もなかったけれど、
いつも自分の財布を任されていると思って考えてきた。
支配人が代わり、たくさんのスタッフが辞めていったけれど、
私はどこまでも去る者を追うことを止めないと誓った。

ビルオーナーが間もなく変わるからと、
ついにその歴史の幕を閉じることを聞かされた時、
他の誰よりも大きな声を出して泣いたのは、きっと私だった。
生まれた時から育ててきた我が子と、今生の別れをするかのように。
それぐらい、この場所と、この仲間に、愛を注いできた。

最後の瞬間を見届ける覚悟ができず、遠くから見守った。
ここで紡いできた絆は、これからどこへ向かうのだろう。
このなかの何人が、あの苦労を覚えていてくれるのだろう。

2015年12月、新しい旅立ちのために。
オーナーとその仲間たち。
この10年で関わってくれたすべての方々へ、感謝をこめて。
心から、ありがとう。

40

29

54

20

10


In May 2006, we found a property in Tribeca, Manhattan.
The owner and we spent for a long time to look for something good.
But when we arrived there, he decided to purchase in just 5 minutes.
He trusted me fully, and I committed him all.
There spent nearly two years to open the restaurant, and then about eight
years had passed.
Just think of all, I cried.

There was a water leakage accident before the opening day.
Once the opening day would be more delayed, we thought really to try
family suicide.
Though I had no real power,
Always I had considered have been entrusted with their wallet.
We welcomed some General managers, and a lot of the staff quit the job.
I vowed to keep in touch with the fellow even if they left the company.

"Because the building owners will change soon."
When we were told that it close the curtain of its history,
I might I was crying out loudly than anyone else.
It was as if the farewell of this life with my child.
I've been pouring love for this place and this fellow.

My heart couldn't be prepared to welcome the last moment, I watched from
a distance.
Hope their bond will be forever.
Hope many fellows will remember the struggle in those days.

In December 2015, for a new journey.
To the owner and his companions.
I’m gratitude to all the people who gave us involved in 10 years.
With great sincerity, thank you.

40

42


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

15