12月最初の日、アトリエのスタッフが電話をくれた。
「美香さん、あと2時間以内にチケット購入してくださいと伝言です」

これまでも、幾度となく師匠が手配してくれたコンサートだった。
本人はきっと、ミュージシャンの名前ぐらいしか知らないのに、
私が大ファンだからと、体調を崩す前に、
旧友のツテにお願いしていてくれたのだと。

この年末は家族と共に日本に帰ろうと計画していたけれど、
北国に行けるとは思っていなかった。
大急ぎでホテルや航空券の手配をした。
家族に計画を伝えて、その日を迎えようと心待ちにした。

そのたった2日後に、師匠が息を引き取った。

2015年のカウントダウン。
この瞬間を迎えられなかった師を思い、涙しそうになったけれど、
新年は笑顔で迎えようと決めていた。

たくさん笑って、楽しく生きる。
私らしく生きることが、目標。

新しい歴史が、始まった。

14


The first day in December, atelier staff gave me a phone call.
"Mika-san, I had message from the president that you can get the tickets
if you make payment within two hours."

Up until then, the master arranged the concert for me many times..
He surely, did know only the name of the musician.
He had asked intermediary to get tickets to his old friend because I was a big fan,
before he was ill.

I had been planning to go back to Japan with my family at the end of the year 2015.
But I did not expect I could go to Hokkaido.
I arranged for hotels and flights immediately.
I conveyed the plan to family, and my kids were looking forward to welcome that day.

Only two days later, the master passed away.

At the countdown of 2015.
When I thought my master could not greet this moment, I was almost in tears.
But I had decided to welcome the New Year with a smile.

Laugh a lot, and live happily.
Living in my way is my goal.

New history has begun.

13


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ