決して裕福でなかった幼少時代、洋菓子にはほとんど御縁がなかった。
母の作ったプロテインクッキーとか、焼き芋とか、
そんな夢のないものが、我が家のオヤツの定番だった。
唯一、母の作ったぜんざいが贅沢の極み、オヤツの最高峰だったから、
今でも私はアンコものに目がない。

北海道に親友がいる父は、公私共々よく北海道に行っていた。
父の仕事が少し軌道に乗ると、我が家にもたまに背伸びしたオヤツが
登場するようになった。
チョコレートやケーキも確かに美味しかったけれど、
オヤツの原点は、やはり和菓子なんだと魂が記憶している。

父の北海道土産の定番が、十勝日誌だった。
10年数年ぶりに遭遇したそれは、中身が少し変わっていたけれど、
私にとっては対価に相応しいノスタルジーの玉手箱。

ひとつ包装を解くと、ひとつ思い出が蘇る。
ひとつ脂肪のヴェールが増えるとしても、
やめられない協奏曲がそこにある。

ファイル 2016-01-08 2 38 44


As I was not wealthy in childhood, I had no edge in the foreign pastry.
My mom made protein cookies and baked sweet potato.
Those without such a dream were the classic sweets of my home.
Zenzai that made by mom was the high end of luxury; it was the pinnacle
of sweets,
Even now I like Anko's sweets the best.

My dad who had best friend in Hokkaido, had gone to Hokkaido well in both
official and private.
When the work of my dad had got on a little track, some luxury sweets had
begun to appear occasionally in our house.
Although chocolate and cakes were also certainly delicious,
The memories of my soul were that the origin of sweets was Japanese sweets.

The classic souvenir of Hokkaido from dad was "Tokachi diary".
I bought it the first time in 10 several years.
Though the contents had been changed little,
The treasure box of nostalgia was worthy of consideration for me.

When I open one package, one memory revives.
Even though if one fat veil increases,
There is a concerto that I cannot quit.

ファイル 2016-01-08 2 39 33


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ