27


薄暗い螺旋階段をのぼる。
閉所恐怖症の私は、胸がざわざわする。
永遠に出口の見えないトンネルに佇んでいる気分になる。

睡眠中の夢はあまり覚えていない。
けれども、どうしても目覚めてしまうトラウマ的な夢が二つある。

前職場で遅刻して、飛行機に乗り遅れた。
上司と代わりに乗務してくれた同僚に謝罪して、始末書を書いた。

試験前夜に一夜漬けするつもりがうたた寝してしまい、
目覚めたら試験会場で呆然としていた。

どちらも現実ではないが、それに近い体験がトラウマになっている。
必ずうなされて、自分の声で目覚める。
ハッと現実に戻り、夢であったことにホッとする。

人生のトンネルに迷い込んだ時も、
いつか必ず光の出口が見つかると信じたい。

頂上から見下ろしたボストンの街は、清々しかった。

43

31

03


I climbed the dim spiral staircase.
For me of claustrophobic, chest was noisy.
I became a mood I was standing in the tunnel that had invisible exit.

I do not remember dream too much during sleep.
However, I have two traumatic dreams that inevitably wake me up.

At the previous workplace, I missed the plane.
To my boss and colleagues who had flight instead of me, wrote a letter
of apology.

I was going to study just before the test, but I ended up nap.
I was stunned at the exam site when I woke up.

Both were not in reality, but close to it experience was in the trauma.
Always nightmare, I woke up in my own voice.
I returned to reality, and was relieved to it was a dream.


When I wandered into the life tunnel,
I want to believe that I can find the light of exit someday.

Boston city that I looked down from the summit was fantastic.

23


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

56