42


シェフ吉武広樹氏とは、別の仕事で知り合った。
パリに戻る飛行機を待つ空港で、アーティストさとうたけし氏の動画を見たと、
高揚したメッセージが届いた。
「一緒にワクワクする企画を立てましょう」

シェフとアーティストを繋ぐのが、第一段階の役目だった。
コンラッド東京でのパフォーマンス。
山形蔵王のチャリティーイベント。
一緒の空間にいるはずなのに、シェフもアーティストも個々の出番があるから、
互いの実演を見るチャンスを逃してしまう。

3度目の正直。
初夏、東京のイベントに表敬訪問してくれたシェフのために、
盛夏、アーティストが熊本震災チャリティーイベントに足を運んだ。
二人は秋にパリでの再会を約束した。

シェフもアーティストも日常業務で忙しく。
パリとNYと仙台、世界3地点での同時スカイプミーティングは、
たった2回しか出来なかった。
その間を繋ぐ私は、一流同士がぶつからないよう、直球や変化球を織り交ぜながら、
互いの意思を、地球の反対側に繋いでいった。

料理の試作に、徹夜でキッチン作業が続いた。
選曲や演出制作に、繰り返したトレーニングは数知れず。
一流としてお客様をお迎えするための、一流としてあるべき後ろ姿だった。
二人のプロの士気が、舞台裏の空気を引き締めた。

パリの人々、たくさんのメディアやジャーナリスト達が見守るなか、
「食とアート、夢のコラボ企画」が、ついに実現した。
キャンバスに描かれるペイントの色が、そのまま料理にシンクロしていく。
目の前で見たアートが、お皿の上でもう一度再現される。
デザートプレートには、パティシエが登場してスプラッシュ。
アーティストが最後の描線を入れると、パリの歴史が完成する。

その場で体感しないと分からない、文字では伝わらないものがあった。
このシェフと、このアーティストだからこそ、実現できた企画だった。
実演中にもどんどん進化していく二人の様子に、
この企画の新しい可能性を確信した。

すでに次のステージの構想が生まれている。
このタッグにしか出来ない企画が、そこにある。
当日お越しいただいたすべてのお客様と、
ソラとライブペイントアクトのスタッフ全員と、
シェフとアーティストに、感謝をこめて。

私は実りある人繋ぎで、世界をもっと繋げたい。
フードとアートの可能性を信じている。

07

43


I met a chef Mr. Hiroki Yoshitake in a different job.
He saw the video of an artist Takeshi Sato, that was one I asked him to
watch it before, at the airport when he waited for a plane returning to Paris.
Uplifting message has arrived to me.
"Let's make a plan to be excited about together."

My role of the first stage was to connect the chef and artist.
There was a performance at the Conrad Tokyo, and a charity event at
Yamagata Zao.
Though they were together in the same space, because they had individual turn,
They missed the chance to see a demonstration of each other.

Third time was a charm.
Early summer, for the chef who had paid a courtesy visit to the event in Tokyo,
Midsummer, the artist had joined up for the charity event for Kumamoto earthquake.
Two guys promised to meet again in Paris in the fall.

They were very busy with day-to-day operations.
We had just twice simultaneous Skype meeting in the world's three point, Paris,
New York, and Sendai.
I connected the meantime, so that the first-class chef and artist not hit each other,
while weaving a fastball and breaking ball.
Each other's intention, went connected to the opposite side of the Earth.

The chef worked in the kitchen through the nights for the prototype of the cooking.
The artist repeated the training with selected music and directing production.
It was their first -class effort to welcome the first-class customers.
Two professional morale tightened the air of behind-the-scenes.

In front of Paris people, media and journalists,
"Dreamy collaboration project of Food and Art" was finally held.
The color of the paint to be drawn on the canvas, continued to synchro to food.
The artworks seen in front of the eyes, reproduced once again on the dish.
At the dessert time, a pastry chef came to splash the chocolate on the plate.
When the artist put the last painting, history of Paris was completed.

It was something that only people who came to the event could feel.
This event was able to realize by this chef and artist.
Two guys continued to evolve rapidly even during the demonstration,
I was convinced the new possibilities of this project.

A vision of the next stage has already born.
It is planning that can be only in this team.
For all customers who came on that day.
For all team members of the restaurant Sola and LIVE PAINT act.
For my chef and my artist.
I would like to thank for all.

I want to connect to the world more by connecting people.
I believe the possibility of food and art.

47

10

06

58

53


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

当日の動画はこちら。Please click here to watch the movie.

22

05