27


母方の祖母は、佐賀県出身。
鍋島藩の御典医として、地元で有名な病院の経営者だった曾祖父母が、
流行り病で他界して、病院は廃業。
七人の兄妹はそれぞれ養子に出されて、一家は離散する。
鹿児島の養父母に引き取られた祖母が無事に成人して、
我が家の歴史が続く。

佐賀県をきちんと訪れたのは初めてで、なぜか少し緊張した。
我が家のルーツがここにあると思うと、不思議な感がする。
長崎とヨーロッパをつなぐセラミックロード(陶磁器の道)の拠点、
伊万里の港に先祖の想いを馳せる。

きっと何かの御縁に導かれている。
ここから発進する新しい風に、期待が膨らむ。

04


My maternal grandmother is from Saga prefecture.
My great-grandfather and mother were the owners of a famous local hospital
as doctors of the Nabeshima clan.
After they passed away, and the hospital was out of business.
Each of the seven siblings and sisters were adopted to step-parents and the family
was separated.
My grandmother was taken over by adoptive parents in Kagoshima, and became adult.
Then the history of our house continues.

It was my first visit to Saga Prefecture, and I was a bit nervous for some reason.
When I think that our roots were here, I felt strange.
The base of Ceramic Road (Porcelain Road) connecting Nagasaki and Europe,
I could feel the ancestor to the port of Imari.

Surely it was guided by the edge.
Hopes for new winds that start from here, will be expand.

44


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

21