きっと日本でも同じことが起こっていると思うけれど、
ニューヨークの人達は、我が子の誕生会に多大な費用をかける。
レストランやジムを借り切って、ピエロやアーティストを呼ぶ。
ピザやケーキをふるまうのに、数千ドルの予算を惜しまない。

お呼ばれする方も、毎回ギフトを用意するのが大変だけれど、
子供同士の付き合いもあるから、なるべく出席するように努める。

我が家では、子供達の誕生会を主催したことがない。
大きなプレゼントも買わない。

その代わりに、旅を贈る。
非日常の中で目にしたものを伝え、感じた想いを表現する術は、
きっと物心ついた時からの積み重ね。
その想いを、いつか長女に伝えてね、とささやく。

私自身、親から買ってもらったオモチャの記憶は少ない。
でも、旅の思い出だけは、鮮やかに心に残っている。

日常的な物忘れがひどくなっても、
過去の記憶は永遠だと、今わかる。

56


I'm sure that the same thing happens in Japan,
People in New York spend a great deal of money on their kid’s birthday party.
They borrow restaurants and gyms, offer clowns and artists.
To get the party of pizza and cake, they spare thousands of dollars’ budget.

Even those who are invited are difficult to prepare gifts every time,
Since there is a relationship between children, we try to attend as much as possible.

In my family, we have never hosted a birthday party for my children.
We do not buy a big present.

Instead, we give them trip.
The technique of expressing what they saw in extraordinary life and expressing
their feelings felt,
Stacking from the time when they were childhood.
Someday tell and describe to your sister, I whisper.

I myself have little memory of toys that parents bought.
But only the memories of the trip are vividly remembered.

Even though my daily forgetfulness becomes serious,
I understand now that past memory is eternal.

53


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ