昨年末、ニューヨークの和食屋で、クロークに預けたストールがなくなった。
黒いファーのついたそれは、ちょっとしたお気に入りだった。
間違えて持って帰った人がいると説明された。
以降お店から連絡もないし、きっとそれは迷宮入りとして処理される。
私の心には、残念で悔しい思いだけが残った。

年明け、福岡から伊万里行きのバスに、マフラーを置き忘れた。
気付いて電話したら、バス会社に保管されていた。
すぐに取りに行ってくれた地元仲間の優しさも、ありがたかった。

一緒にいた友人が、東京で財布をなくした。
タクシー会社が、先方から電話連絡をくれて、
日本の治安の良さを再認識した。

最後に日本の携帯を使ったのは、京成線か空港カウンターだったと記憶している。
前夜から熱を出していて、ボーッとしたままのフライトだった。
機内で紛失に気づき、NYに着いてから日本に連絡した。
もう出てこないかと諦めていたら、一週間してから発見された。

こんなところにも、日本の素晴らしさを痛感している。
滅多になくしものをしないのに、それは警告に違いないと気を引き締めた。
どんなワクワクがあっても、しっかりしよう。

03


Last year, my scarf was gone at cloak at Japanese restaurant in New York.
It was my favorite with black fur.
I was explained that there was a person who took the wrong and brought home.
There has been no contact from the shop afterwards, surely it will be treated
as entering the labyrinth.
To my heart, only a regrettable feeling remained.

I left my muffler on the bus from Fukuoka to Imari.
When I noticed it and called, it was kept in a bus company.
I was also thankful for the kindness of the local fellow who immediately took it to pick up.

A friend who was me together lost his purse in Tokyo.
The taxi company gave him a phone call from the other side.
I reaffirmed the goodness of security in Japan.

Lastly I remember that I used a Japanese mobile phone was either at Keisei line
or an airport counter.
I had a fever since the night before the day and it was a dazzling flight.
I noticed the loss in the airplane and contacted Japan after arriving in NY.
After I had given up whether I would come out, it was discovered after a week.

I am keenly aware of the wonderfulness of Japan in such places as well.
It was rarely that I have lost things, but I was sure that it must be a warning.
Whenever I am excitement, I have to care for everything.

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ