36


関西に住む友人から、熱心なメッセージが届いた。
彼女の幼なじみがニューヨークで開催するヴァイオリンのコンサートに、
是非行ってみて、と。
時を同じくして、御本人からもお誘いの連絡をいただいた。

直接面識のないアーティストと出会う時、
私はなるべくまっさらな気持ちで、その作品に触れたいと思う。
予備知識もなく、純粋に好きか、嫌いか、愛せるか。

50分間のコンサートの間、休憩も拍手も入れずに、
彼女自身が創作した朗読で、曲を紡いでいく。
小さく華奢な身体から生み出される迫力のあるメロディーに、
会場は静かにその世界観に引き込まれる。

マンハッタンに住む人間模様と交錯させながら、奏でられる名曲は、
どれも心に響き渡るものだった。
最後の「ロンドン橋」で一気に会場が陽気な気分に包まれる流れも、
綿密に計算された構成だったのだろう。

ニューヨークには、たくさんの才能溢れるアーティストが存在する。
世界に飛び出して挑戦する勇気こそが、どこまでも人を魅了する。

44


A hard message arrived from a friend living in Kansai.
She asked me to go to a violin concert to be held in New York, where her childhood friend presents.
At the same time, Ms.Eiko Kano, a violinist gave me an invitation.

When I meet an artist without direct knowledge for the first time,
I want to touch that work with pure feeling as much as possible.
I confirm I purely like or not, or I love it, without any prior knowledge.

During the 50-minute concert, without having an intermission or applause,
With a story telling created by herself, she played the violin.
To a powerful melody created from a small and delicate body,
The venue was quietly into her world view.

While interwoven with human style living in Manhattan, famous songs were played,
Every music echoed in my heart.
At the last "London Bridge" the flow of the venue was packed in a cheerful mood at once.
Perhaps it was a carefully calculated composition.

There are many talented artists in New York.
The courage to jump out to the world and challenge, fascinates people everywhere.

36


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

58