これまでたくさんの店舗立ち上げを手伝ってきたけれど、
このお店への愛は人一倍大きいと自負している。
2006年にオーナーと一緒に物件を探して、2年近くかけて開業準備をし、
極寒の大雪の日も、アスファルト照り返す酷暑の日も、
ずっとそのストーリーを見守ってきた。

久しぶりに訪れたそこでは、スタッフが家族を迎え入れるかのように
受け入れてくれたことが嬉しくて。
今は少し離れてしまったけれど、みんなにありがとうと伝えた時に
涙がこぼれそうになった。
会社の組織としては、私はすでに不要な存在であるけれど、
いつまでも慕ってくれるスタッフの愛は、限りなく深い。

久しぶりに胃袋が愛で満たされた。
ずっと応援しているから、必要な時は頼ってください。

00


Although I have helped many shops launch,
I prideful believe that love for this shop is bigger than anyone else.
In 2006 I looked for the property with the owner, and prepared for opening in nearly two years.
Even on the extremely cold snowy day, or asphalt shining hot day,
I kept watching their story.

I visited there for the first time in this year.
I was happy that I was accepted as if the staff welcomed the family.
I got away a bit now but when I told everyone to thank you, my tears seemed to drop.
As a company organization, I am already an unnecessary existence,
the love of the staff to me is deeply infinite.

The body was filled with love for the first time in a long time.
I support you all the time, please depend on when you need me.

50


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

16