昨秋のパリ企画は、すべてが新しい試みで、すべてが挑戦だった。
直前まで準備に時間を要し、知力と体力の限界まで走った感があった。
「またいつか」でなくて「近い将来すぐに」と約束をして、
それぞれの日常に帰っていった。

昨年末、新しいチャレンジの提案があった。
パリのシェフは、思いつくとすぐに電話をかけてくれる。
その熱い想いをしっかり受け止めて、噛み砕いて、宮城に伝える。

年明け早々、伊万里に集結した。
伊万里のまちなかを歩き、日暮れの迫る大川内山に向かった。
夕闇の中、登り窯への坂道を歩いた時、みんな無口になっていた。
小さなアイディアは出てくるのに、どうしてもまとまらない。

それぞれが、たくさんの宿題を抱えて、帰路についた。
パリで起こった騒動も合わせて、どこまでも前向きに解決しようと挑むシェフ。
伊万里の伝統を改めて学ぶことに余念がないアーティスト。
全面的に協力体制を保ち続けてくれる地元の若者たち。

我々が伝えたいことは何だろう。
そのテーマをとことん突き詰めて、ようやく前に進み出した。
ジャンルを超えたコラボレーションだからこそ、伝えられるものがきっとある。

伝統と革新への飽くなき挑戦を、見守っていてください。

59


In the last autumn Paris project, everything was new trying, everything
was a challenge.
It took a long time to prepare until just before the event, and we ran to
the limits of mental and physical strength.
We promised "not someday" but "immediately in the near future", and
went back to our daily lives.

At the end of the last year, there was a proposal for a new challenge.
The chef in Paris called me as soon as the idea came up.
I received his passion, and told to the artist in Miyagi.

At the beginning of this year, we gathered in Imari.
We walked in the Imari downtown, headed for the Okawachi-yama that
approaching dusk.
Everyone was quiet when we walked up the slope to the climbing kiln in
the evening dark.
A small idea came out, but it did not become a specific idea at all.

Each of us got a lot of homework and went back to each home.
Including the accident in Paris, the chef challenges to resolve positively.
An artist learns Imari's tradition with respect mind.
We thank to the local young people who keep keeping cooperation system fully.

We are sure what we want to tell the people.
We pushed the topic down, finally are proceeding forward.
Because it is a collaboration that exceeds the genre, there is certainly what
can be conveyed.

Please watch over our challenge over tradition and innovation.

21


昨秋のコラボイベントin Paris記事はこちら。Please click here about the previous event in Paris.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ