車窓に流れる雪景色。
空気がとがって見えるのは、空の青さのせいだろう。
毎週通るハイウェイは、身体がカーブを覚えている。

帰り道に、息子が泣き出した。
「僕、死ぬのが怖いんだ」と。
私は「天国の貯金」の話をした。
「天国に行くために、良いことをたくさんしようね」と。
「こっそり良いことをするのが、かっこいい」と伝えた。

幼い息子には「陰徳を積む」大切さは、まだ分からないだろう。
でも、巡り巡ってきっと、幸せに生きられるからと。

日曜の夕闇が近づくと、明日からの日常が憂鬱になる。
でも、そこに日常があることが、当たり前でないんだと思う夜。

18


Snow scenery flowing in the car window.
The blueness of the sky made the air looks sharp.
My body remembers the curve of the highway since we go each weekend.

On the way to home my son burst into tears.
"I am afraid of dying."
I talked about 'savings in heaven'.
"Let's do a lot of good things to go to heaven."
"It is cool to do good things without saying ".

He is too young to know the importance of "to do good by stealth".
But, as we continue to do good, we will be sure to live happily.

When Sunday dusk approaches, the daily routine from tomorrow turns into depression.
But I think that there is every day is miracle.

41


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ