28


ニューヨーク・マンハッタンのど真ん中に、隠れ家的な和室がある。
オーナーは裕福なユダヤ人で、相当な日本贔屓でいらっしゃる。
日本的なイベントを企画するには、最高の空間がそこにある。

かつては日本家屋に多く使用されていた鬼瓦。
鬼師と呼ばれる職人さんが、丁寧に仕上げていく工程は日本の職人魂そのもの。

鬼瓦をインテリアとして普及させたいと、
9名の鬼師の作品が、海を越えてニューヨークにやってきた。

ハロウィンの魔除け用に、カボチャの横に鎮座する鬼瓦も悪くない。
宗教の境なく家を守ってくれるという鬼瓦効果に、ニューヨーカーも注目している。

05

57

15


In the center of Manhattan in New York, there is a hidden Japanese room.
The owner is a wealthy Jewish, and he is considerably Japanese favor.
It is the best space to plan a Japanese-style event.

"Onigawaras" were once used in Japanese houses.
The process of finishing politely by a craftsman called Onishi, Onigawara
craftsman, is the Japanese craftsmanship itself.

In order to disseminate Onigawara as an interior,
Nine Onishi's works came to New York.

For the Halloween's amulet, it is not too bad that the Onigawara set next to
the pumpkin.
New Yorkers are also interested in the Onigawara effect that protects the house
without regard to religion.

21

03


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

12