DSC02607

DSC02585


シェフはいつも、パリのお店の営業が終わった頃に電話をくれる。
営業時間中にふと思い立ったことを、その日のうちに伝えないと気が済まない。
今を生きるシェフらしい行動に、人は心を動かされる。

シェフの生まれ育った佐賀県伊万里市の街おこし企画に、
昨秋パリで開催したイベントを、何とかして組み込めないかと。
シェフとアーティストだけでなく、たくさんの地元スタッフを巻き込むから、
容易い道のりではないことは承知の上だったけれど、
アーティストも全面協力すると意気投合してくれた。

年明け早々、伊万里現地を調査して、それぞれの意思確認をした。
3月の再会を約束して別れた直後に、パリの店舗で火災事故が発生。
一時はイベント開催も危ぶまれたが、常にポジティブ思考のシェフに皆が賛同した。

パリ、ニューヨーク、宮城、伊万里、東京、メルボルン。
世界各地を結ぶ事前準備は、これまでにないほどのイバラの道だった。
時差で温度差がある以上に、クリエイター同士の熱い想いがぶつかって、
互いのベクトルは、はるか違う方向を向いてしまう時間が続いた。

100%の力を出し切ることがコラボレーションではない。
互いの力を発揮する余力を与えることが、200%以上の結果につながることを
きっと誰もが学んだと思う。

それぞれが日常業務をこなした上に、イベント準備をする。
ほんの少しの疑問点も皆で解決しようと忌憚なく意見交換をする。
さらに、このイベントを最後に卒業していくスタッフのために、
それぞれが考えたサプライズギフトを用意する。

すべてが終わった後の打ち上げで、
スタッフから送られた動画が会場内に流れた。
感涙にむせぶ主役の横顔を眺めながら、私も溢れる涙を止められなかった。

統率力、人間力、情熱、向上心、思いやり、優しさ。
チームで成し遂げる素晴らしさは、その全てを学べることにある。

私達の挑戦は、これからもずっと続いていくのだろう。
素晴らしい機会をくださった伊万里市とシェフとアーティスト、そして全てのスタッフに感謝を込めて。

DSC02655

DSC02659


The chef always gives me a call after when the restaurant in Paris is over.
He looks he cannot finish the day until he tells me what he was thinking about
during business hours.
His act to live seriously moves people's minds.

There will be an event for the city planning of Imari city of Saga where he was born.
He asked me to manage to incorporate the event held in Paris last autumn.
Not only the chef and artist, but also a lot of local staff involved,
We knew that it will not be an easy road.
But the artist also spirited himself to cooperate fully.

Early at the beginning of the year, we investigated the Imari area and confirmed
our intentions.
A fire accident occurred at a restaurant in Paris shortly after promising a reunion
in March.
Even though the event holding was temporarily unknown, everyone always agreed
to a positive thought chef.

We were based on Paris, New York, Miyagi, Imari, Tokyo, and Melbourne.
Preliminary preparations to connect the world were very hard more than ever before.
Beyond the temperature difference by the time difference, the hot feelings of creators hit us,
The time for each other's vectors to point in a much different direction continued.

Collaboration is not to force 100% of power.
Giving a margin to demonstrate each other's power leads to results of more than 200%.
I think that everyone has learned it through the event.

We did our daily work and prepared for the event.
We exchanged opinions frankly to solve just a few doubts.
In addition, for the staff who graduated at the end of this event,
we prepared a surprise gift.

With the launch after all was over,
The video sent from the staff flowed into the venue.
I could not stop the tears overflowing while I was looking at the profile of main part
who was crying.

Leadership, Human strength, Passion, Ambition, Compassion, Kindness.
The splendor of accomplishing with the team is to learn everything.

Our challenge will continue for a long time.
Thank you to Imari city that gave us a wonderful opportunity, the chef and the artist,
and all the staff.

DSC02684

DSC02691


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

DSC02789

DSC02791


Official Photos©FUSE, Yuta Kawanami