46

56


第一印象は、極めて朴訥な人だった。
クリエイターとして頑固な面もあるはずなのに、
周囲への気遣いや、他人の痛みへの思いやりが際立った。

鍋島藩大川内山の窯元に生まれたが、東京の大学で学び、
一度は彫刻家を目指したという。
卒業後に地元に戻って、別の大学で窯業を勉強し直した。

気鋭の新進陶芸作家として、たくさんの輝かしい実績があるのに、
それを一切主張することもなく、イベント成功のために尽力してくれた。
伊万里の歴史をリスペクトしたいというアーティストのために、
惜し気もなく時間と労力を提供してくれた姿勢に、感謝の念が絶えない。

彼の功績なくしては、あの結果には繋がらなかっただろう。
たくさんのプロセスを思い出しながら、
この先のタスキの繋ぎ方を考えている。

関わってくれた全ての人達のおかげで、今と未来がある。

DSC02323

DSC02324



The first impression was a very simple and genuine person.
Although he should be stubborn as a creator,
His concern for the surroundings and consideration for others' pain were outstanding.

His family runs family business of pottery at Okawachi-yama of Nabeshima clan,
but he studied at the university in Tokyo,
It is said that he aimed at a sculptor before.
After graduation, he returned to Imari and studied ceramics at another university.

Although he has a lot of brilliant achievements as an emerging budding ceramic artist,
Without insisting on it at all, he was devoted to the success of the event.
For an artist who wants to respect Imari 's history,
we were grateful for his posture that provided time and effort without regret.

Without his achievement, we could not have connected to that result.
Recalling a lot of processes,
I am considering how to connect this relationship ahead.

Thanks to all the people involved, there are now and the future.

33


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

陶芸作家 畑石修嗣 関連記事はこちら

41

ファイル 2017-03-31 13 49 25