37

54


祖母は佐賀県出身で、実家は鍋島藩の御典医だった。
一家離散した後に、祖母らは鹿児島から東京に移り、私は東京生まれ。
九州にはあまり御縁がなかったけれど、なぜか近年足を運ぶ機会が増えた。

伊万里のイベント企画に、運命的なものを感じたのは、
まだこの先の使命があるのだと、きっと祖母が諭してくれたからだろう。
有田焼創業400年という歴史を知ったのも、最近のことだった。
焼き物の世界を、もっと深く学んでみたいと思った。

有田焼400年の技術と、欧米の新しいセンスが交錯する。
有田の窯元と欧米デザイナーがタッグを組んだプロジェクトが、
ミラノ・デザインウィークで、世界の頂点に立った。

「EDIDA/エル・デコ・インターナショナル・デザイン・アワード」の
テーブルウェアー部門を制覇。
世界25か国の編集長らが認めた有田チームの作品が、
ニューヨーク近代美術館MoMAで展示販売されている。

伊万里で出会った陶芸家のニューヨークデビューを、
このタイミングで見届けられたのも、きっと何かの御縁なのだろう。

彼らの想いをしっかり受け止めて、今、新しい構想を考えている。
日本の職人技は、そのまま世界に通用するステージにある。

02

20

22


My grandmother was born in Saga Prefecture and her family owned the hospital
as a doctor of the Nabeshima clan.
After the family diverged, she moved from Kagoshima to Tokyo. I was born in Tokyo.
Although there was not much contact with Kyushu for me, the opportunity to visit
in recent years increased for some reason.

I felt a fateful thing to the planning of Imari event that was held on March.
I guess because my grandmother taught me that there is still a future mission.
It was recently that I learned about the history of Arita ware founded 400 years.
I had hoped to learn the world of pottery deeper.

The 400 years’ technique of Arita-yaki merged a new sense of Western World.
A project where Arita's craft industries and Western designers collaborated,
was announced as the top of the world at the Milan Design Week.

They conquered the tableware division of "EDIDA", Elle Decor International Design Awards.
The works of the Arita team, admitted by the editors of "ELLE DECOR" from 25 countries,
have been exhibited and sold at the New York Museum of Modern Art.

It was a New York debut of potter, Shuji Hataishi, who I met in Imari.
It was surely something edge that I was able to see at this timing.

I firmly accepted their thoughts, and I am thinking about next step now.
Japanese craftsmanship is in the stage where it can pass through to the world as it is.

32

27


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

35