48


90年代後半、知人が銀座のスナックに連れて行ってくれた。
20代の若造が普段どんなに背伸びをしても行けないような場所で、
そこを仕切るママは、当時40代前半ぐらいだっただろう。
人生の裏表を知り尽くした苦労人で、今の私よりずっと貫禄があった。
それから銀座に行くたびに、そこに通ってママの話を聞いていた。

アメリカに行くという私に、ママが大きな包みを手渡してくれた。
落語が録音された大量のMDと一緒に、手書きの手紙が添えられていた。
「辛いことがいっぱいあるかもしれないけれど、とにかく笑ってね」
「落ち込んだら、これ聞いて元気になって」

落語のストーリーはもちろん、そこに日本語があるというだけで嬉しかった。
たくさん泣いて、たくさん聞いて、そして笑った。
そのうちMDプレイヤーが壊れて、落語で笑いの幸せをもらう機会はなくなった。

******

4年ぶりにニューヨーク外旋をする、立川生志師匠の高座にお声がけいただいた。
お迎えに来た豪華なリムジンカーに揺られて、郊外の「Mt.Fuji Restaurant」に到着。
80名を超える日系人が、一緒に笑うために集まる。
なんて幸せな企画なんだろうと思う。

生志師匠が下宿していた石神井台は、私の実家からもすぐ近く。
アパート名の懐かしい響きに、師匠と一緒にまた大笑いする。
レストランマネージャーのホスピタリティーが合わせて素晴らしく、
一緒に行った面々も最高で、幸せな夜はこうやって生まれるのだと痛感した。

日本語の魅力、日本文化の魅力は、限りない。

11

14

43

47


In the late 90's, my acquaintance took me to a night-club in Ginza.
It was a place where 20-year-old young people cannot go even if they pretended
to be adult.
I guessed the owner hostess was about the early 40s then.
Compare to me of now, she was a hard-working woman who knew all life in the world,
and has been much more dignified.
Then, every time I went to Ginza, I went there and was listening to her story.

She gave me a big package when I left for America.
A large amount of MD of Rakugo, traditional Japanese story telling,
and a handwritten letter were inside.
"There may be many painful things, but laugh anyway"
"When you feel down, you would be healthier by hearing this."

Not to mention the story of Rakugo, I was pleased just to have Japanese there.
I cried a lot, listened a lot and laughed enough.
After then, the MD player was broken, and I had no opportunities to get laughter
happiness by Rakugo.

******

We were invited to the play of Shoshi Tatekawa, Rakugo Master, who act New York
abroad for the first time in four years.
We had trip by a limousine car and arrived in the suburban "Mt. Fuji Restaurant".
More than 80 Japanese gathered to laugh together.
I thought what a happy project it was.

Shakujiidai, where Master lived, was also very close to my home in Japan.
In a nostalgic sound of an apartment name, I will laugh with Master again.
The hospitality of the restaurant manager was also excellent,
I also felt that the people I went with were the best and that a happy night was born like this.

The appeal of Japanese, the charm of Japanese culture, are unlimited.

28

49

©Kohei Kawashima

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

41