少し前から、携帯電話が使えなくなった。
代理店に持って行ったら、修理代より機種変更の方が安いと勧められた。
大雨の降る中、なんだか家に帰りたくなった。

通知がこないから、自分で動かなければ、何も分からない。
本気で心配してくれたのは、2人だけだった。
私の携帯がなくても、世の中は何も変わらない。

今日、久しぶりにメールにログインした。
たくさんのジャンクメールに紛れて、大切な人からの連絡があった。
ちょっとだけ、世の中と繋がった気がした。
まだもう少しだけ、私の居場所があるのかな。

携帯電話はまだ不通のまま、日常という時間が過ぎていく。

30


My cell phone has not worked for a while.
When I took it to an agent, I was recommended that the model change would be
cheaper than the repair cost.
I wanted to go home somehow in the heavy rain before I fix it.

Since there is no notification, if I do not move by myself, I do not know anything.
There were only two people who were seriously worried about me.
Even without my cell phone, nothing will change in the world.

Today, I logged in to the mail after a long absence.
I deleted lots of junk mails, and I found important mails from the precious people.
I felt a little bit connected to the world.
I wonder if I still have a place to live for a while.

My mobile phone is still out of service, but time goes by every day.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ