写真 2017-06-27 21 27 22


世界で一番好きな食事を聞かれたら、迷わずに寿司と答える。
異国の地で胃袋がノスタルジックにならずにいられるのは、
何かの折に美味しい寿司が食べられるという心の支えがあるからで。
そのために日々頑張って働こうとさえ思えてしまう。

ニューヨークに移住した当時、アメリカ人との感性の相違に戸惑い、
日本に帰りたくて仕方がなかった。
その想いは今でもあまり変わりないけれど、
彼の握る寿司との出会いが、少なからずとも救いになってきたことは間違いない。

彼が所属する店舗を変わるたびに、その後を追う。
今はすっかり予約の取れない人気職人だけれど、
誰よりも古い頃から、彼のサポーターであるという自負がある。

久しぶりに彼の寿司に会いに行く。
こんな至福の時があれば、多少しんどくても、また頑張れる。

写真 2017-06-28 12 02 29

写真 2017-06-28 12 05 31


If I will be asked my favorite meal in the world, I will answer "It's sushi."
without hesitation.
Stomach cannot stay nostalgic in a foreign land.
Because there is motivation of the mind that something delicious sushi
can be eaten.
For that reason, I even try hard to work hard on a daily basis.

When I moved to New York, I was perplexed by the difference in sensitivity
with Americans,
I was serious, and wanted to return to Japan.
Even though my feelings are still not much different,
There is no doubt that the encounter with His sushi has become saved me
at least.

Every time he changes his belonging of restaurant, I chase after that.
He is a popular craftsman that people cannot make a reservation right now,
Since earlier than anyone, I am proud that I have been his supporter.

We went to eat his sushi to his new place.
If there is such a time of bliss, I can work hard even if I am a bit somewhat
tedious.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ