米国NBAのチアリーダーとして活躍するアジア人として、
15年以上前に、彼女を取材したのが出会いだった。
クリスマスシーズンの風物詩、ラジオシティーで上演される
「クリスマス・スペクタクラー」にも毎年出演する実力を、
もっと日本に伝えたいと、記事を書かせていただいた。

御主人は、ニューヨークで寿司を握る料理人。
いつか日本で御自分の店を持ちたいと、
最初のお子さんが生まれた後に、一家揃って本帰国された。

あれから長い時間が経ったけれど、‘
いつも私を応援してくれている彼女のところへ、
いつかきちんとエールを送りに行きたいと思い続けていた。

開業7年を迎えた店舗は、清潔感あふれる日本らしい造りで、
地元の常連さんたちが、和やかな時間を過ごしていた。
日本の鮮魚に舌鼓を打ちながら、穏やかな時間を共有すると、
いろんな経緯が思い起こされて、感無量だった。

一度ご縁があった人たちとは、
その舞台がどこに変わろうとも、やっぱりずっと応援し続けたい。
人の誠意について考えながら、帰路についた。

写真 2017-07-23 20 31 59


As an Asian who played an active role as a cheerleader of the American NBA,
It was encounter that I interviewed her over 15 years ago.
She danced in the Christmas season's scenes, "Christmas Spectacular"
at the Radio City every year,
I wrote an article since I wanted to report Japanese more about Japanese talent
in the world.

Her husband was a Sushi chef in New York.
He wanted to have his own Sushi restaurant in Japan,
After the first child was born, the family returned to Japan together.

A long time passed from then, but
To her that she always cheered me,
I kept thinking that I wanted to go sending ale someday.

The restaurant which celebrated the seventh year of business opening was
a Japanese-like structure full of cleanliness.
Regular customers were having a relaxing time.
Sharing a calm time while eating Japanese fresh sushi,
I was impressed that remembered many circumstances.

For the people that I have had an edge before,
No matter where the stage changes, I still want to keep supporting all the time.
While thinking about human sincerity, I came home.

写真 2017-07-23 20 29 49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ