今夏の滞在は、ほとんど私用が入れられなかった。
それでも連絡をくださる方々とは、どうにかお会いしたかった。
打ち合わせの合間、隙間時間にぴったりと当てはまると、
運命のようなものを感じてしまう。

時間を作って会いに来てくださった方々、本当にありがとう。
そして、私がちゃんと動けるようにと、
まず子供達の世話を申し出てくださった親友たちに感謝。
彼女たちの気遣いに助けられて、どうにか今日がある。

さて。
たくさんの締め切りを抱えつつ、移動中。

写真 2017-08-06 3 44 33


Most of my stay in this summer was not used for private.
Nevertheless, I wanted to meet someone who gave me contact.
When fitting perfectly between meeting time and gap time,
I felt something like fate.

Thank you very much for those who made time to come and see me.
And as I can move properly,
First of all, I thank my best friends who offered to take care of my kids.
My girlfriend helped me a lot, and today I have something to work.

Well.
While traveling, with a lot of deadlines.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ