写真 2017-11-06 9 42 39


夏の間、何度も出版社と打ち合わせをした。
書きたい気持ちはあったけれど、書けなかった。
そんな胸のうちを、全部さらけ出した。

ライターに書いてもらうという選択肢もあったけれど、
それでは自分の文章にならないという違和感があった。
結局、一字一句、自分の言葉で書いた。
それしか自分にはできないからと。

娘が思い描いているであろうキラキラした世界。
彼女をとりまく愛と、彼女が放つ愛。
2人のアーティストが、私の想いを形にしてくれた。

日本を代表するワーキングマザーが、
校了の翌日に、帯のコメントを贈ってくださった。

怖いけれど、伝えることを続けたいと思う。
障害者のいる生活、それが当たり前の暮らし、
同じ社会にいることを、見守ってください。

一緒に走ってくださった編集者とプロデューサーと、
支えてくださっている、ここにいる皆様へ。
心からの感謝を込めて。

写真 2017-11-06 10 44 16


I had many meetings with the publisher during the summer.
I felt like to write but I could not write it.
I exposed everything in my mind.

They asked me that I had the option of having the writer write it,
Then there was a feeling of incongruity that it would not be my own sentences.
After all, I wrote everything in my own words.
Because it was only thing that I could myself.

A glittering world that my daughter may have envisioned.
Love surrounding her, and love she releases.
My friends, two artists shaped my feelings.

The next day after I finished all,
One of Japan's leading working mother, sent her comment to my book.

I am scared, but I would like to continue to tell.
We live with a family member with disabilities.
Please watch over us as supporters.

To my editors and my producer.
To all who are here who are supporting us.
With a sincere gratitude.

5年前の記事。あれからずっと、書けなかった。

写真 2017-11-06 10 41 37



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">