先月17日、この映画版が全米で封切りになった日。
次男の通う小学校では、「校外学習」として学年全員で映画館に行った。
日本では、きっとこの類の映画を子供達に見せることに、
いくつもの協議が重ねられて、何年もかかることだろう。

顔に障害を持つということは、こんなサクセスストーリーだけじゃない。
障害のない部分の才能を花開かせることができれば認められるけれど、
現実はそのほとんどが、闇の中に葬られている。

目を外らさないでというのではない。
障害者本人にも、その家族にも、
命ある限り生活が続いていることを、伝えたいだけ。

この本はあくまでもフィクションだけれど、
主役本人だけでなく、それを取り巻く周囲の語り口が面白い。

みんな、同じ命をもらって生きている。

写真 2017-12-05 23 01 27


On the 17th of last month, this movie version was released nationwide in the U.S.
At the elementary school where my second son goes, all the 5th grade students
went to the cinema as "field trip".
In Japan, to show this kind of movies to children,
Several consultations will be repeated and it will surely take years.

Having obstacles in the face is not only such a success story.
Although it will be accepted if it can blossom the talent of the part without obstacles,
Most of the reality is buried in the darkness.

I would not say that please not keep your eyes away.
For both the disabled and the family,
I just want to tell you that life is on as long as there is life.

This book is fiction only,
Not only the protagonist but also other story, surrounding him, is interesting.

Everyone lives with the same life.

01

©WONDER

ジュリア・ロバーツ主演「WONDER」映画予告 WONDER Official Trailer
5万人に1人といわれる「トリーチャー・コリンズ症候群」について


海外永住 ブログランキングへ "