出版の仕組みや裏事情をよく知らない私にとって、
担当してくださる編集者さんは、神のような存在だった。

あっちの世界と、こっちの世界をつなぐために、
理解してくれようとする愛に溢れた方であることが絶対条件。

「とにかく、あったかい本にしましょう」
ハードな内容を、どうしたらソフトに伝えられるか。
装丁や挿絵に私の意見が反映されるように、
時に盾になって守ってくださった。

原稿の行き交いには、いつも私の好物の和菓子が添えられていた。
赤ペンと付箋、そしていつも手書きの手紙が添えられていた。

ここで文字にできない事情も多いけれど、
彼女と出会ったことで、たくさんの勇気をいただいた。

一冊の本が完成するために、絶対に必要な存在。
それが編集者さんという存在。

ありったけの感謝をこめて。

写真 2017-12-25 9 08 48


For me who was not familiar with the mechanisms of publications and behind-the-scenes,
The editor who was in charge was a godlike existence.

In order to connect this world with that world,
It was absolutely necessary to be a person full of love trying to understand.

"Anyway, let's make a heart warm book"
We discussed how to convey hard contents, softly.
As to reflect my opinion in bindings and illustrations,
she occasionally became a shield and kept it.

When she returned my we draft, she always sent with my favorite sweets.
A red pen and a sticky note, and a handwritten letter were always included.

Although there are many circumstances that cannot be written here,
Having met her, I got a lot of courage.

It is absolutely necessary for a book to be completed.
That is called editor.

With all the gratitude.


海外永住 ブログランキングへ "