目の不自由な方に、音の出る信号を。
ニッポン放送ラジオチャリティミュージックソンは
今年で43回目を迎えた。

前日からノンストップで続く24時間放送の終盤で、
スタッフの皆さんには疲労の色が浮かんでいた。
スタジオ入りする直前に、公開生放送だと知って、
私は一気に緊張した。

コマーシャルが流れる僅かな隙に、
ゲストの入れ替えが行われる。
ガラスの向こうには、人だかりの山。

初対面のオードリーと、いきなりトークというミッション。
朗読が始まると、二人の表情が一気に真顔になる。
真摯に受け止めてくれる彼らを、私は一気に好きになった。
優しい人なのだなと、心から思った。

クリスマスの朝。
皆様にも心のギフトが届いていますようにと願う。

写真 2017-12-25 15 27 50


"To the visual disability people, gift the signal of sound."
Nippon Broadcasting Radio Charity Music-song.
This year marked the 43rd time.

At the end of the 24-hour broadcasting that continues non-stop from the previous day,
all of the staff looked be fatigue.
Just before entering the studio, knowing that it is an open live broadcast,
I was very surprised and felt tense.

In a small gap where commercials flow,
Guest replacement was performed.
Beyond the glass was a mountain of crowds.

My mission called suddenly talk with the comedian group "Audrey" whom I met first time.
When recitation began, the facial expressions of both of them became serious at once.
I liked their serious reaction.
I thought that they were a kindly person in mind.

On the Christmas morning.
I wish you get a gift of my heart as well.

番組HPはこちら。Please click here to see the official website.


海外永住 ブログランキングへ "