日本から14時間遅れて、新しい年が明けた。
大晦日、最後の夕日を眺めながら、2017年をふり返った。

前半は、諸々うまくいかないことがあって、
精神的にかなり追い詰められた。
自分の生き方を否定されるような裏切りにも遭い、
人間不信に陥った。

後半は、主として2つの大きなミッションに専心した。
古巣の大会合をまとめるという役割、
そして、前著の続編をという期待の声に、真摯に向き合った。
独りよがりの自叙伝でなく、必要とされる場にメッセージを伝えられるなら、
もう一度覚悟を決めようと筆を取った。

総じて、やっぱり人との関わり、人との繋がりがすべてだと思った。

迷いの中で周囲を見渡すと、行き先を導いてくれる仲間がいた。
いつも同じ立ち位置で、変わらないでいてくれる絆があった。
こちらが誠心誠意を尽くせば、必ず守ってくれる砦が存在した。

真摯な姿勢を貫けば、必ず行くべき場所にたどり着く。
必要とされる場所で、生きようと思う。
すべての存在に、感謝を伝えよう。

自分らしく、ありのままで。
2018年も、どうぞよろしくお願いいたします。

写真 2017-12-31 18 06 03


A new year has come 14 hours behind Japan.
While looking over the sunset of New Year's Eve, I went back over 2017.

In the first half, various things did not go well,
I was mentally chased out considerably.
I also encountered betrayal that denied my way of life,
I have felt into human distrust.

In the second half, I was devoted primarily to two big missions.
The role of summarizing the large re-union party of my ex company, JAL,
And, to a voice of expectation of a sequel of the previous work, I faced seriously.
If I could convey a message to the place people need, not selfishness autobiography,
I decided my resolution and took the pen again.

In total, I thought that all involvement with people and connections with people leaded to all.

When I looked around in the stray there was friends who leaded the destination.
There was always friendship that would stayed the same position as well.
If I was good faith sincerity, there was a fort that always protected me.

If we stay with a sincere attitude, we will definitely reach the place to go.
I wish I would live in the place where someone needs me.
Let me thank you for all beings.

I wish 2018 will be the happiest and best for you.


海外永住 ブログランキングへ "