40


かつて、バンクーバー経由メキシコシティー行きというJAL便があった。
「バン-メキ」か「LA-サンパウロ」のスケジュールが入ると、
一気に暗い気持ちになった。
日本を出て帰ってくるまで、10日から2週間。
環境汚染と治安の悪さで、ステイ先でもホテルに軟禁状態。
メキシコもサンパウロも、あまり良い思い出がなかった。

メキシコへ飛んだのは、20年ぶりぐらいだろうか。
ユカタン半島の先端、カンクンへ降り立った。
1970年代以降に開発されたリゾート地と聞くと、
ほぼ私と同世代だと、なぜか親近感を感じる。

海の青さは格別だった。
メキシコ政府による開発規制が行われているため、
どこか垢抜けない感じがまた心地良い。

朝7時過ぎ、遅い日の出を眺めながら、
当たり前のように朝がやってくることに感謝する。

ここも同じ空の下。

37

08


There used to be a JAL flight to Mexico City via Vancouver.
When "VAN(Vancouver - MEX(Mexico City)" or "LAX(Los Angeles) - SAO(Sao Paulo)"
schedule enters, I got sad mood at once.
The schedule was from ten days to two weeks total.
Due to environmental pollution and poor security, even at the stay,
we were in a state of emergency in the hotel.
For both Mexico and Sao Paulo, I did not have very good memories.

I wonder if I flew to Mexico for the first time in 20 years.
I got off to the tip of the Yucatan Peninsula, Cancun.
When I heard that it was a resort area developed after the 1970s,
It is almost like my generation, I feel a sense of affinity for some reason.

The sea was exceptional blue.
As development regulations are being implemented by the Mexican government,
I feel comfortable to feel somewhere classic.

Seven in the morning, watching the late sunrise,
I appreciate the morning coming as usual.

Here also under the same sky.

45



海外永住 ブログランキングへ "

57