ニッポン放送チャリティーミュージックソン番組内で、
娘のことを綴ったストーリーがお披露目された。
生放送での流れるようなナレーション、心のこもった朗読に、
私は思わず目頭が熱くなった。

放送作家から連絡があったのは、数週間前のこと。
電話口の応対から、彼の人柄が滲み出るようで、
私はこの人に任せようと直感した。

実はその放送作家も、視覚に障害をお持ちだった。
「美香さんの気持ちをすべて代弁はできないけれど、
見えるという当たり前のことがどれほど大事かを伝えたいんです」
ラジオというツールに救われている人たちのために、
少しでも力になりたいというパッションが嬉しかった。

たくさんの方々に支えていただいて、番組は終了した。
そして先日、募金の目標額を達成したという嬉しいお知らせが届いた。
なかには、オードリーのお二人のサインが入ったトートバッグ。
自称「リトルトゥース」だという姪っ子が喜ぶ顔が目に浮かぶ。

お世話になったプロデューサーや放送作家の皆さんに、
近い将来もっと良い報告ができるように、また一歩。
私にもまだ、できることがあるかもしれない。

募金に御協力くださった皆様へ、
心からの感謝を込めて。

ニッポン放送チャリティーミュージックソンの様子はこちら。

写真 2018-01-18 17 05 10


Within Nippon Broadcasting "Charity Music Song" Program,
A story about my daughter was spoken.
Flowing narration in live broadcasting, hearty reading recitation,
I was full of unexpected tears.

It was a few weeks ago that the broadcast writer got in touch with me.
His personality seemed to ooze out from the telephone's response,
I wanted to ask him to write the draft.

Actually, that broadcast writer also had vision disability.
"Although I cannot speak all the feelings of Mika,
I want to tell how important things people can see normal. "
I was delighted with the passion that he wanted to be a power for those
who were saved by a tool called Radio.

The program was supported by many people and ended.
And the other day I received a happy announcement that they reached
the target amount for donation.
I was gifted the tote bag with signed by Audrey.
I imagine how my niece, who is fan of Audrey, will be happy.

To the producers and broadcast writers who supported me,
To make better reporting in the near future, I will have one step again.
I may still have something I can do.

To everyone who cooperated with donation,
With a sincere gratitude.


海外永住 ブログランキングへ "