ニューヨークでインテリアデザインの勉強をしていた頃、
たくさんの画材屋を歩いて回った。
喉から手が出るほど、欲しいものがたくさんあった。

貧乏学生の予算には限りがあって、
ショウルームでテキスタイルの端切れをもらったり、
先輩が使い古したイーゼルを譲り受けたりした。

アーティストのサポートをするようになって、
彼らが欲しいものを求めて、一緒に歩くようになった。
たいてい日本人のアーティストは、
種類が豊富な米国の画材屋に感銘していく。

でも、どうしても見つからないものがあった。
絵の具の色に「曖昧さ」が足らないという。
「ゴールド」も、日本のそれとは全く違うのだと。

アジア人の持つ瞳の色は、光の屈折率などからして、
曖昧な色を見分ける能力に長けていることが、医学的にも証明されている。
赤紫と青紫の違いがわからない欧米人もいる中で、
日本人の繊細な感覚を、改めて誇りに思う。

だから、日本人の感性が好き。
だから、日本人アートをもっと世界に伝えたい。

写真 2018-02-03 22 42 51


When I was studying interior design in New York,
I walked around a lot of art tool shops.
The more I wanted my hand off the throat, there were lots of things I wanted.

The budget for poor students was limited,
I got a piece of textile in a showroom,
and I got the used easel from the senior.

Since I began to support artists,
we started walking together, seeking what they wanted.
Usually Japanese artists are impressed by the variety of American art shops that are rich in variety.

But there was something that we could not find by all means.
It is said that "ambiguity color" is insufficient for the color of paint.
"Gold" is totally different from that of Japan.

The color of the eyes of Asians, from the refractive index of light etc.,
It is proved medically that we are good at recognizing ambiguous colors.
Among Europeans and Americans who do not understand the difference between red purple and blue purple,
I am proud of the Japanese delicate, sensation.

So, I like the sensitivity of Japanese people.
So, I want to convey Japanese artists to the world.

写真 2018-01-30 15 27 36



海外永住 ブログランキングへ "