人繋ぎには、距離感の共有がとても大事。
互いに依存し過ぎることなく、程よい距離感でいること。
でもいざという時には、必ず力になりたいと願う。

「何かできることがあれば言ってね」という社交辞令よりも、
具体的に行動できる人でありたいと常に思う。
私の周囲には、そういう人たちがたくさんいて、
心の中でマッチを擦ったように、灯りをともしてくれる存在に、
私自身がいつも学びをいただいている。

アーティストの滞在期間中、ずっとアトリエを貸してくださった友人。
彼女の誕生日当日、サプライズでお祝いに行こうと思ったら、
なんとたくさんの人たちがお祝いを持って立ち寄っていた。
事前に企てたわけでなく、みんなが自然と吸い寄せられる空気に、
彼女の人としての魅力を改めて感じた。

ここでたくさんの人間模様が交錯して、
ここでたくさんの物語が生まれていく。
心のともしびを探して、今日もニューヨークが動いている。

写真 2018-02-05 17 04 09


Sharing the sense of distance is very important for connecting people.
We do not depend too much on each other, we should feel a reasonable distance.
But when it comes to emergency, we always wish to become a force.

The words "If I can do something, let me know " is socializing.
Rather than that, I always want to be a person who can act specifically.
There are a lot of people like that around me,
Just like rubbing a match in my heart, to the presence that will light the light,
I am constantly receiving my learning.

A friend who lent us the atelier for the duration of the artist 's stay.
On the day of her birthday, I went to celebrate wishing her surprise.
There, a lot of friends stopped by with celebrations.
Not being planned in advance, to the air where everyone was sucked naturally,
I felt again the charm of her person.

Here, many human patterns intersect,
Many stories are born here.
Looking for a light of the heart, New York actives today as always.

写真 2018-02-05 15 39 38



海外永住 ブログランキングへ "