ニューヨークファッションウィークの始まりは1945年。
当時、アメリカのデザイナーはそのインスピレーションを得るのに、
フランスのクチュールに頼りきっていたという。
第二次世界大戦をきっかけに、彼らの関心を国内に向けようと、
プレスやジャーナリスト向けのショーが開催された。

世界の四大ファッション都市。
ミラノ、パリ、ニューヨーク、ロンドン。
年に2回のファッションウィークは、ニューヨークから始まる。
世界中からお洒落なファッション関係者が集約し、
ハッと振り返りたくなるような素敵な人と街ですれ違う。

かつては2年先の流行が作られると言われていたが、
近年多くのアパレルメーカーが方針を変えている。
今年の秋冬シーズンの納品用に、バイヤー達が駆け回る。

まだまだダウンコートを手放せないけれど、
暖かい春夏を通り越して、心はすでに秋冬へ。
この時期、ジャーナリスト達のレビューを読むのが楽しい。

写真 2018-02-12 15 25 05


The beginning of New York Fashion Week was in 1945.
At that time, American designers was said that they took their inspiration
only from French couture.
In the wake of the Second World War, in order to direct their interest to
the domestic market,Fashion shows for press and journalists were held.

Four big fashion cities of the world.
Milan, Paris, New York, London.
Twice a year fashion week starts from New York.
Fashionable people from all over the world gathered,
I meet with a nice person that I would like to look back in the city.

In the past, new style for year’s advance was shown in the show.
But many apparel makers are changing their policies in recent years.
For the delivery of this autumn / winter season, buyers run around in the city.

I cannot take off my down coat yet,
I pass through the warm spring and summer, and my mind has already gone
to autumn and winter.
It is fun to read journalists' reviews this season.


海外永住 ブログランキングへ "