写真 2018-03-09 7 27 10


長男は最終学年でキャプテンを務め、
次男は勘の良いアシストとして、チームの優勝に貢献した。

季節が変わり、次女がトライアルに合格した。

運動神経は決して悪くないはずなのに、
最初はキャッチボールさえまともにできない次女の姿にヤキモキした。

なかなか勝てないチームは、負けることに慣れてしまう。
「楽しくプレイできたら、いいんじゃない?」
そこに悔しさはないのかと、長男と次男が首をかしげる。

少しずつ、チームワークが築かれていく様子を垣間見る。
最後の試合に敗れて泣くキャプテンを、次女がそっとなだめる。
「次につながれば、いいんじゃない?」

どこまでも明るくポジティブな態度に、私が元気をもらった。
朝練に送る通学路は寒々しくて、いつも気持ちがめげていたけれど、
その間に子供達は大きなギフトをもらっていたのかもしれない。

ようやくシーズンが終わり、母は少しホッとしている。

写真 2018-03-09 7 22 18

写真 2018-03-09 7 22 19


My eldest son served as the captain in the final grade.
My second son contributed to the team's victory as an intelligent asset.

The season has changed and my second daughter passed the trial.

Motor nerves should never be bad,
At the beginning I was surprised in the appearance of my daughter
who even the catch ball could not do it.

Teams who cannot win easily get accustomed to losing the game.
"If we can play happily, it is good, isn't it ?"
Whether there is no regret there, my sons ask her.

Little by little, a glimpse of how teamwork was being built.
My daughter gently quiets the captain who was crying defeated by the last game.
"If we connect next time, it is good, isn't it ?"

I got cheerful with her bright and positive attitude.
The school road that I sent to morning practice was cold and I always had a negative feeling,
In the meantime, the children may have gotten a big gift.

Finally the season was over and mom has been a little relieved.

写真 2018-03-09 8 03 26



海外永住 ブログランキングへ "