米国の医療は、とにかくお金がかかる。
40歳を過ぎても、健康相談や定期健診が無料になることはない。
医療保険をうまく利用して、しっかり自己管理しなければ、
取り返しのつかないことになりかねない。

毎年、自分の誕生月に婦人健診を受けようと思っているけれど、
忙しかったり、予約が取れなかったりして、後回しになってしまう。
昨年受けるはずだったマンモグラフィー&ソノグラム検査を、
ようやく先日受けてきた。

待合室の乾いた雰囲気も、冷たい健診台も、
年齢を重ねるごとに、少しずつ慣れていく。
でも、医師の診断を待つ間の孤独感だけは、
どんなに時間を重ねても、心臓がキュッとなる。

この孤独感の解放を目指して開業した友人のクリニックを、
今度日本に行ったら訪ねよう。

写真 2018-03-08 12 35 29


Medical treatment in the US takes money anyway.
Even if you are over 40 years old, health consultation and annual check-ups will not be free.
If you do not manage yourself properly by using medical insurance well,
It can be irreparable.

Every year, although I am planning to take OB/GYN check-up at my birth month,
I am busy, I cannot make a reservation, I will be postponed.
Mammography & sonogram examination that was supposed to be received last year,
Finally I got it the other day.

The dry atmosphere of the waiting room, the cold health examination bed,
Every time I age, I gradually get used to it.
But just the feeling of loneliness while waiting for the doctor's diagnosis,
No matter how much time I spend my time, the heart gets crazy.

A friend's clinic aiming at liberation of this loneliness,
Let me go visit next time in Japan.


海外永住 ブログランキングへ "