写真 2018-03-20 19 11 14


ニューヨークという舞台を第二の人生に選んだアーティスト。
フロリダで17年間、子供達のためにその職人技を披露してきた彼女を、
実は紹介される以前から、とある筋から聞いていた。

沸騰直前、熱々のキャンディーを、素手で丸める。
色粉を加えて丸めて、引き延ばす。
器用にハサミを使い、あっという間に形づくる。
ものの数分のうちに、飴で出来た動物達に、命が吹き込まれる。

子供達の目が、キラキラと輝く。
縁日を知らない世代、こんな職人技に惹きつけられる。

アメリカにたった3人しかいない飴細工職人。
ここで出会えたのも何かの御縁だから。
次のステージの構想を、一緒に妄想してみよう。

Article of UP LIFT

写真 2018-03-20 19 08 29

写真 2018-03-20 19 10 04

写真 2018-03-20 19 13 58


An artist who chose the stage of New York as her second life.
She has been exhibiting her craftsmanship skills for children for 17 years in Florida.
Before being introduced actually, I heard it from a certain source.

Just before boiling, round the hot candy with bare hands.
Add color powder, round and stretch.
Using scissors for deft, shape in no time.
She put the life of animals made of candy in a matter of minutes.

The eyes of children shine sparkly.
Generations that do not know the Japanese Festival "En-nichi" were attracted to such craftsmanship.

There are only three Candy Artists in the United States.
Because there might be some reason that I was able to meet here.
We shall deliberate together the concept of the next stage together.

写真 2018-03-20 19 35 45


写真 2018-03-20 19 37 48

写真 2018-03-20 19 37 53



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-03-20 19 22 06

写真 2018-03-20 19 44 22